カテゴリー
theanko アスリート インタビュー

トレーニングとあんこと私(4)トレーニングの前中後に体重の5%の糖質を

小さい頃、学生時代、旅先で、日常で、家族と、友人と。
あんこにまつわる思い出は、それぞれの人の数だけ。
ここぞという場面でのエネルギー源としてもあんこはあなたを支えています。

各界のあんこ好きに、とっておきの”あんこエピソード”を聞いていくシリーズの第4回目。
今回は男性ボディビルダーのSさん。

●Sさん・40代男性・ボディビルダー

ここ数年ですが、ボディビルダーの大会で本番前に羊羹やあんこの缶詰などを目にする機会が多いなあと感じます。筋肉へのあんこの活用をみなさん工夫しているようです。

本番前に筋肉を張らせる(パンプアップ)目的で、吸収の早い糖分を一気に摂取します。このときお腹が膨らんでしまう食べ物はNGなので、かさの割に糖分の多いあんこはちょうどいいのです。うどん一杯とthe ANko1個の糖質はほぼ同じ。うどんだとお腹パンパンになりますけどthe ANkoなら軽いですからね。

PexelsのVictor Freitasによる写真

トレーニングの前中後に体重の5%ずつの糖質を摂るというメソッドが定着してきていて、たしかに筋肉を維持しやすいという実感があります。
the Ankoはどの種類も糖質がほぼ50g。それにタンパク質が5g。計算しやすくて便利ですね(笑)

トレーニング中の補給食というものは、やはり運動中なので胃に負担にならず、すぐエネルギーになってくれること、食べやすいことが重要です。その点であんこは特に優れていると感じます。

一度、コンテスト直前に栄養補給に失敗して両足がつってしまったことがありました。「エネルギーを切らさないように補給し続けるんだ」と他の出場者にアドバイスされ、それ以来糖質切れには気をつけています。

PexelsのLi Sunによる写真

あんこはトレーニング後のリカバリー食としても優秀です。疲労した筋肉に糖分を与えてやるつもりで食べています。ボディビルダーとはいえ、甘いものを渇望する瞬間というのは必ずあるので、そこでは洋菓子ではなく和菓子を選ぶようにしています。脂質をなるべく摂りたくないのと、和菓子は少量でも満足感があるからです。

トレーニングに行く前にはコンビニで和菓子を買っておいて、「今日は終わったらあれが食べられる」と考えながらトレーニングしたりもします(笑)。トレーニング後だから絶対太らないだろうと安心して食べます。”今日のご褒美”的な存在です。

→→→the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko

医療従事者の皆様とご家族、ご友人の方へ

いつもthe ANkoをご愛顧いただきありがとうございます。

今般の新型コロナウイルス感染が世界規模で拡大する状況において、弊社代表取締役の平子勝之進から、医療従事者のみなさまへメッセージと、ささやかな応援企画をお伝えします。長文で恐縮ですが、ぜひご一読いただきたくお願いいたします。


[医療従事者の皆様とご家族、ご友人の方へ]

築地果汁創作所を運営する株式会社UNDERWATER代表取締役の平子勝之進と申します。

冒頭から恐縮ですが、私の両親は共に平均寿命より早く亡くなりました。特に、社会人になりまもなく病にて亡くなった母のことはいつも心のどこかにひっかかっています。

健康 と言うものをずっと考えてきた中で、直接的に医療に携わるドクタールーペ株式会社を起こし、その後「健康は日々の食生活から」と思い、この食に関わるUNDERWATERという会社を作りました。

この2つの会社はいずれも「人々の健康を願いそれに貢献する」ことを理念としています。

①ドクタールーペで健診結果を提供することで病気の方に適切な医療を受けていただくこと。
②UNDERWATERで「the ANko」やコールドプレスジュースを提供して質のいい栄養を摂っていただくこと。

いずれも弊社の理念を実現するために私が選んだ方法です。誰かの人生が大きく変わる可能性がある仕事を担っている、その責任を日々感じています。新型コロナウイルス をめぐるこの状況に何かできないかと考えました。

特に、いつもお世話になっている医療従事者の方々が気がかりです。医療従事者の方たちから直接、自分たちの状況について悲鳴に近い声をお聞きしました。

懸命に働いてくださっている医療従事者の方たちに何かできないか。そう、考えた結果、以下発表になります。

「the ANko」を医療従事者およびご家族の方たちへ、半額で販売いたします。
もちろん医療現場で働く全ての方、事務の方や清掃の方、研究者なども含まれます。

・お買い上げの際クーポンコード「HEALTH」を入力し、適用ボタンで半額表示になります。
・証明は必要ありません、自己申告で結構です。
・医療従事者であるご家族、ご友人などにお渡し頂く目的の場合も半額でお買い求めいただけます。
・差額は私の持ち出しになります。販売は在庫が無くなり次第停止させていただきます。
・恐れ入りますが実費送料はご負担ください。

お買い上げの際には、弊社Instagram、twitter、facebookなどのSNSに宛ててひとこといただけましたら幸いです。医療従事者の皆様にその声を届けたいと思います。(このブログなどで匿名でご紹介させていただきます)

”短い時間でさっと栄養補給”なんて日頃は声高に言っていますが、今回ばかりは医療従事者のみなさんには”お茶と一緒にゆっくり召し上がってください”とお願いしたいです。あんこの味や香り、優しい甘味に束の間でもほっとしていただきたいのです。

日本では小豆は古来より神事や儀式に使われ、赤い色から魔除けや祓いにも効果があると信じられてきた食材です。

この難局にあんこが、少しでも誰かの助けになるよう祈ります。

2020年4月2日

株式会社UNDERWATER代表取締役社長
平子 勝之進

「theANko」プロデューサー 銀座空也5代目
山口 彦之

カテゴリー
theanko アスリート インタビュー

あんこと私(3)「あんこは頼りになるいいヤツなんです」

小さい頃、学生時代、旅先で、日常で、家族と、友人と。
あんこにまつわる思い出は、それぞれの人の数だけ。
ここぞという場面でのエネルギー源としてもあんこはあなたを支えています。

各界のあんこ好きに、とっておきの”あんこエピソード”を聞いていくシリーズの第3回目。
今回は女性ボディビルダーのUさん。
ボディビルダーのコンテスト舞台裏の姿を教えてくれました。

●Uさん・50代・女性ボディビルダー

もともと甘いものが好きなので、ボディの維持との折り合いには工夫しています。トレーニング中も、当日の本番前も、摂るべき栄養を摂るためにあんこは優秀です。お腹も膨れにくいですし。

市販のゆであずきの缶詰を食べていたこともありますが、糖分が多すぎて私には合いませんでした。

面倒見のいい友人がいまして、シーズン中に「減量に入ったよ」と伝えると、大量のあずきを無糖で茹でて持ってきてくれるんです。それに糖質オフの甘味料を自分の好きな加減でかけて食べています。あずきはタンパク質が摂れるので小腹が空いたときのおやつにちょうどいいんです。

Photo by Christine Wehrmeier on Unsplash

コンテスト当日は小豆をたっぷり入れたもち米でお赤飯を作って食べます。主観ですが、白米よりもエネルギーが長く持続するような気がします。

砂糖は保水力があるのでむくみが怖いんですが、筋肉に張りを持たせるために適量は必要です。

ボディビルダーというと一切の糖質を抜いた生活をしていると思われがちですが、質の良いトレーニングをするためには糖質は絶対に必要です

お腹が空いた状態でトレーニングすると筋肉が減ってしまうんです。私たちの間では「体が筋肉を食べる」と表現しています。筋肉をつけたいからトレーニングしているのにかえって筋肉が減ってしまうなんて、本末転倒ですよね。

もちろんトレーニングに集中もできないですし、疲れやすくなるし、アスリートにとって糖質が切れることは一番怖いといっても過言ではありません。

Photo by Raj Shah on Unsplash

厳しい食事管理が必要なボディビルダーですが、本番前の舞台裏は面白いことになっていますよ。
みなさん出番直前に、たい焼き、おにぎり、おまんじゅうなどをもりもり食べているんです。はちみつを瓶ごとチューチュー飲んでいたり(笑)

パンプアップ”といい、筋肉を美しく見せ張りをもたせるための行動です。大量の糖質を摂ると筋肉が張るというのはわりと昔からわかっていたことですが、今は「パンプアップで最も使われるのはあんこ」という印象です。

タンパク質がとれて脂質がなく、白米などに比べるとかさの割に多くの糖質が摂取できる。お腹も膨らまない。非常に使い勝手のいい食材。あんこはアスリートにとって頼りになるいいヤツなんです。

→→→the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko メディア

東京カレンダー5月号にてthe ANkoが紹介、そして記念の20%OFFセール!!クーポンコードは?!

飲むあんこ・the ANko”発売以来、日々色々なメディアの皆様からお問い合わせをいただいております。
それらもすべて、the ANkoにご注目、ご購入いただいた皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。

このたび雑誌に掲載していただきました。
弊社社長も毎月愛読するあの「東京カレンダー」様!!
3月21日発売2020年5月号、新店や食まわりの話題を取り扱う「東カレジャーナル」というコーナーでthe ANkoを取り上げていただきました。

これは、東京カレンダーを愛読する良いものに感度の高い読者様方に、the ANkoを知っていただく貴重な機会です。

ので、

やります!

「東京カレンダー掲載記念・全品20%OFF  ”TOKYO”」セール
♦︎2020年3月19日(木)0:00〜
2020年3月29日(日)24:00まで♦︎

本格的スポーツシーズン到来に向け、まとめ買いのチャンスです。この機会、お見逃しなく!

【クーポン適用の方法】

商品をカートに入れ、ショッピングカートの中身を見ます。
商品の下に「クーポン利用」というクーポンコードを入力する欄があるので、そこに「TOKYO」と記入し、「適用」ボタンを押します。
するとカートにクーポン割引欄が追加され、割引額と、割引後の商品合計金額が表示されます。
ここで割引金額に変更されているのをお確かめの上、お会計にお進みください。

※クーポン適用がない場合は割引になりません
※必ず割引後の価格に変わっているか確認の上お会計ください
※会員登録は必要ありません。お一人様何度でもお買い物できます
※送料は割引の対象外です

the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko インタビュー

あんこと私(2)「あんこが僕の生きがいを守ってくれた」

小さい頃、学生時代、旅先で、日常で、家族と、友人と。
あんこにまつわる思い出は、それぞれの人の数だけ。
ここぞという場面でのエネルギー源としてもあんこはあなたを支えています。

各界のあんこ好きに、とっておきの”あんこエピソード”を聞いていくシリーズの第2回目。
今回は医師でもあるYさん。
病気で胃を全て摘出したあとのエネルギー源としてあんこを活用されています。あんこのおかげで大好きなゴルフも精力的に楽しめるとのこと。

●Yさん・67歳 医師

数年前に病気で胃を全摘したのですが、今こうやって元気で過ごせるのもゴルフのおかげだと思います。
週3日コースに出るほどのゴルフ好き。
ただ、胃を取ったので栄養を貯めづらくなってしまった。
たくさん食べられないからすぐ血糖値が下がっちゃうんです。
エネルギーの備蓄ができないので、プレイ中もひっきりなしに栄養補給します

ポケットにアンパンを忍ばせて、ひとつ打ったらアンパンをひとかじり、次打ったらまたひとかじり、とやっています。
おかげで一緒に周っている人に「アンパンマン」なんてあだ名をもらいました。
あんこは昔から大好きですし、すぐエネルギーに代わる糖質としても、プレイ中に持ち運びしやすい食べ物としても最適です。多少かさばりますけどね。

半分くらい周ったところでモグモグタイムと称して休憩をとるのも習慣です。クラブハウスでの僕の定番はおしるこ。アンパンの後でもです。
クラブハウスのスタッフは、僕がプレーしてるのを見かけると、僕が寄るであろう時間を見計らって温かいお茶を用意してくれるんです。その心遣いがうれしくてつい毎回寄ってしまう。

温かいお茶とおしるこでエネルギーを補充して、またコースに戻ります。日々大好きなゴルフができることに感謝して過ごしています。

→→→the ANkoネットストアはこちら