カテゴリー
(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

あんこと旅するオーストラリア:飛んでるドーナツ編

こんにちわ。旅人まりーしゃです。私はバックパックひとつで世界を旅する身長152cmのミニマム女子。これまでに125カ国を周り、旅のコラムを書きながら日々のハイボールを楽しみに生きてます。えへ。

さて、今回も「theANko」をお供に「妄想旅」をはじめたいと思います。舞台は前回に引き続き、オーストラリア。

「レッツ theANko トラベル!」

それは、ワーホリで住んでいたことのあるオーストラリアに3年ぶりに再訪した時のこと。久しぶりに会う友人たちと、シドニーから車で3時間のジャービスベイを目指しました。到着すると、目の前には「世界一白い砂浜」としてギネス認定されているハイアムスビーチが広がった。ぎゃーす。世界にはこんなに綺麗な海があるんだね。あまりの美しさに大興奮です。

「世界一白い砂浜」と称されるハイアムス・ビーチ

ジャービスベイでは、スキューバやシュノーケルはもちろん、ドルフィンウォッチングや、季節によってはホエールウォッチングも出来る。見たかったな!(見てないんかーい!)。

クジラは見てへんけど(なぜか関西弁)、ビーチで泳いだ後は、国立公園でキャンプ。BBQでお腹を満たし、テントで一泊しました。

とにかく焼いただけのBBQ。地べたにダイレクトオン

自然の中で仲間たちと過ごす時間って最高だよね。友達に借りた寝袋はカビ臭かったけどさ…。

翌朝、浜辺のコーヒーショップでラテを買ったら揚げたてのフリードーナツが2つもついてきた。

マシンメイドの一口サイズのドーナツはその場で揚げられ、店主にトングで掴まれるとポンポンとジャンプしながら軽快にシナモンシュガーがまぶされる。そしてその勢いで白い紙袋へと飛び込んでいく。その姿はまるで「飛んでるドーナツ」と言っても過言ではない。

飛んでるドーナツ

ふんわり温かい出来立てのドーナツ。シナモンシュガーの甘みと鼻先をくすぐる海の潮風は妙にマッチして美味しかった。

「ああ、これにあんこが加わったら…」

世の中にはあんドーナツが存在するんだから、そりゃもう鉄板の味だよね。

妄想世界の中で私が味変を楽しんでいると、現地の人が「それなに?」って聞いてきた。

「これは”あんこ”という日本の伝統的なスイーツで、豆でできててノンファット。しかも東京の歴史のある空也っていう和菓子屋さんがプロデュースしているものなんだよ」

なーんて、得意げに説明する私(妄想)。

健康的で和のテイストを感じられる「theANko」は、外国の人にもきっと人気間違いなし。

海外でも自信をもっておすすめできる自慢のアイテムだわ!

旅人まりーしゃ(Instagram) バックパッカーで旅を続けるコラムニスト。渡航国の数は125カ国。週刊プレイボーイのニュースサイトで6年にわたり旅のコラムを連載。Sサイズモデルとしても活躍。

カテゴリー
アスリート インタビュー

第8代フェザー級キングオブパンクラシスト・ISAOさんインタビュー

theANkoが応援するアスリートの皆さんをご紹介するインタビューシリーズ。今回は現役のパンクラス(総合格闘技)チャンピオンのISAOさんをご紹介します。
格闘技のチャンピオンなんてどんな荒ぶる神がやってくるかと思ったら、腰の低い丁寧な物腰のとんだ好青年が手土産にスイーツ(焼き菓子詰め合わせ)まで持って来ました。そんな”めっちゃいい人”ISAOさんのインタビューです。

ISAO
1988年生まれ宮城県古川市(現、大崎市)出身。幼い頃より柔道を学び、高校時代は岩手県高校総体73kg級で優勝。2009年、プロ総合格闘家としてデビュー。パンクラス階級はフェザー級。
主な戦績は
第15回ネオブラッド・トーナメント優勝、パンクラス・ライト級GP優勝、第8代フェザー級キングオブパンクラシスト

●まずはこれまでの経歴を教えて下さい。

出身は仙台の近くの古川市(現、大崎市)というところです。長く柔道をやってきて、高校ではインターハイに出場して岩手県で73kg級で優勝しました。そうしたら柔道で燃え尽きたようになってしまって。元々格闘技が好きだったのでやってみようかなと総合格闘技を始めたらいつのまにかプロになってました。

・いつの間にかプロ、いつの間にかチャンピオンというのが神の子っぽいですが、「パンクラス」というのはどういう競技なんですか。

競技としては総合格闘技で、パンクラスは団体名です。団体によって色々OKなものNGなものが違いますが、パンクラスは打撃、組技、投げ技、寝技もOK。大まかに言うとなんでもあり(笑)。パンクラスは知名度的には高いように思いますが、自分はチャンピオンでも実際それだけで生活のすべてをまかなうのは難しい。静か〜に活動していたのでYou Tubeなどの露出はあまりしていなくて、自虐で「知る人ぞ知るチャンピオン」と言っています(笑)。

所属ジムは門前仲町にあるNEVERQUITです。パンクラスは長い歴史のある団体で、昔から憧れがありました。試合を見ていると選手たちひとりひとりの生き様とか気持ちが伝わってくるような気がしたんです。たまらなく引き寄せられるものがありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ISAO KOBAYASHI🇯🇵(@isao1303)がシェアした投稿


・選手として総合格闘技の魅力はどこですか。

さっき言った「可能な技が多い」というのがまず魅力です。いろんなことができるというところ。やっぱり格闘技をしてるときが一番楽しい。なんでそんな辛いことやるのってよく聞かれますけど、やっぱり好きだから、としか言えない。パンクラスをやっているときの自分が一番自分らしいです。

得意は打撃です。薄いグローブを一応つけているけれどもほぼ素での殴り合いになりますね。ルールとしては急所と後頭部以外はどこを殴ってもだいたいOKになっています。試合中はアドレナリンが出てるんであんまり痛いと思わないんですが、過激な競技ではあると思います。試合中に血が出ることは普通ですし。

大きな怪我はあんまりしてないですけど小さい怪我はちょいちょいあります。(「格闘家の人の言う小さい怪我って小さくないことが多いですが」と聞くと)靭帯損傷とか眼瞼骨折も何度か。(「やっぱり小さくない!」)

・食事について伺います。格闘家といえば減量がつきものですが、減量メソッドなどあったらぜひ教えて下さい。

格闘家といっても僕は食べる量はそこまで多くないです。普段の体重は76キロくらいですが、試合では65.8kgまで落とす必要があって、これ以上太ると落とすのが大変なのであまり食べすぎないように気をつけています。

だいたい2ヶ月くらいかけて10kg落とします。でもトレーニングしながらだから食べないわけにはいかない。毎回試行錯誤です。
上京してからずっと自炊です。筋肉を残して脂肪を落とすのが基本なので、脂肪と砂糖、特に洋菓子は厳禁です。摂る油の質は気にしますね。サラダ油のような安い油は避け、肉の脂もあんまりこってりしたものは食べません。ただ魚の脂は気にせず、むしろ積極的に摂ります。

白米を食べないようにしていた時期もありましたが、動けなかったり疲れやすくなる感覚があったのでコンディションを考えると食べたほうがいいと思いました。量としてもそんなに減らさないですね。直前はトレーニングも激しくなりますので。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ISAO KOBAYASHI(@isao1303)がシェアした投稿


・最後にtheANkoについて感想を。

あんこは昔から好きでしたので、theANkoはものすごく美味しいなとびっくりしました。力の入り具合やバテ具合が違う気がするので、練習前に飲むことが多いです。もたれたりしないので消化もいい感じがします。
以前は練習前は食べないことも多かったのですが、疲労感がひどかったのでなるべくなにか食べるようにしています。固形物だと消化が悪くて、練習中に気分が悪くなったりすることもあったので、消化の良いtheANkoは本当に便利です。

ひとつひとつの質問に言葉を選んで丁寧に答えてくださったISAOさんの好青年ぶりは周囲でも評判で、おじさんたちがよってたかって世話を焼きたがるという不思議な魅力をお持ちです。この穏やかな人がリングの上では荒武者になるというのが総合格闘技。興味を持った方はぜひISAOさんの試合を観に行ってみてください。

カテゴリー
theanko レシピ

theANkoで栗あんトースト

こんにちは。すっかり秋本番になってきましたね。少しずつスポーツイベントも再開されてきているようで、私たちの元にも「開幕しました」「今週末レースです」なんていう嬉しい便りがたくさん届くようになりました。

スポーツの秋です。

theANkoで 感じてほしい 食欲の秋(字余り)

なにかいいものないかなあと思ってハナマサの店内を目を皿のようにして3周しました。いいもの見つけましたよ皆さん。

栗🌰どうですか。

ただ、theANkoを召し上がるみなさんって、忙しそうな方が多いんですよね。仕事&トレーニング、トレーニング&トレーニングで、栗のオニカワだかシブカワだか剥いてるヒマがあったら走りに行くわ!って言われそうで。

そこで手にしたのが、コレ。
むいちゃってる栗、ありますよね。「一年中売ってるじゃん」とか言わないでください。こっちもそれなりに一生懸命秋を伝えようとしているんです。

ご用意いただくものは、
theANko1/2袋
・よく焼きのトースト一枚
・むいてある甘栗7個

トーストにtheANko1/2袋を絞り出し、その上に荒く刻んだ栗をお好きなだけ載せます。

これは。。。(無言)
栗がめっちゃいい仕事します。ねっとりしたあんこにホクホクっとした歯ごたえの栗が混ざることで、口当たりにリズムが生まれるとともに、淡い甘さの栗がしっかりした甘みのあんこを中和してくれます。甘栗特有のカラメルの薫りが小豆の薫りと混ざり、”上質な和菓子感”も増します。

そもそも「空也」ですからtheANkoだって高級和菓子にひけはとらないし、パック入りなので新鮮さが長持ちしてむしろこっちの方が美味しいんじゃねくらいの勢いでやらせていただいてますが、それでも「栗の力、スゴイ!」と言わざるを得ないです。たとえ甘栗であっても。

値段も安くて手軽にできるのにものすごく幸せになれますから、これはぜひお試しあれ!theANkoはリキャップできるので、使うあんこの量の調節もかんたんですよ(宣伝)。

最後にエネルギーと炭水化物量をご紹介します(概算)
・食パン(6枚切り1枚):164Kcal:30.3g
・甘栗(7粒50g):100Kcal:22g
・theAnko(1/2袋):130Kcal:30.5g
【合計】エネルギー:394Kcal、炭水化物:82.8g(約ご飯1.5杯分)

※栗は種子類の中ではずば抜けて炭水化物量が多いので、運動すること前提で食べてね!

カテゴリー
(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

あんこと旅するオーストラリア:ターキッシュブレッド編

はじめまして。旅人まりーしゃです。私はバックパックひとつで世界を旅する身長152cmのミニマム女子。これまでに125カ国を周り、旅のコラムを書きながら日々のハイボールを楽しみに生きてます。

さて、そんな私に今回、素敵な旅のお供ができました!

あんこ」です。

あんこと飛び立・・・てる日はいつか来る

これまでの世界の旅はひとり旅の時間も多く、誰か旅友がいる時と比べるとちょっぴりさみしい時もありました。でももう大丈夫。私には「あんこ」がいるから。

名前は「theANko」っていうんだけど、そのコは軽くて甘くて優しいの。さらに銀座・空也さんプロデュースって聞いて、テンションあがったよね(明治17年創業の銀座の老舗和菓子店です!)。さっそくお口に含んだら、これまで和菓子との交流が少なかった私だけど、久しぶりに感じる和の素材の味に唾液ビシャーってなりました。

「お、おいしい…!」

そんなわけで初対面からすっかり仲良くなった「theANko」と共に、このコロナ禍でもできる「妄想旅」をはじめてみたいと思います。では、さっそく第一回。

レッツ theANko トラベル!

妄想旅なので、まずはあの時のことを思い出してみよう。

そう、オーストラリアのシドニーへ行った時のこと。オーストラリアは世界の中でもとても旅のしやすい国。先進国だし、言葉は英語だし、多民族国家で多様性のあるところなのでアジア人の受け入れにもわりと寛容なのね。きっとあんこも歓迎されるわ

今回は初発だから、無難なものから攻めてみよう。本日のお相手は…、

パン」です。

実は私オーストラリアのカフェで働いていたこともあって。それは世界一周の旅に出る前のワーホリ時代なんだけどね。そこで扱っていたパンの中でお気に入りだったのがこちら。

ターキッシュブレッド」

オーストラリアの定番ターキッシュブレッド
シドニーワーホリ時代に働いていたカフェ

ターキッシュと言ったらトルコだけど、これはオーストラリア版のそれ。日本ではあまりメジャーじゃないけれど、オーストラリアじゃド定番なのよ。これ、ホットサンドプレス機で押し焼きするとぺったんこでカリッカリになるの。それが美味しくて。

オーストラリアはカフェ文化が発達しているからパンは欠かせない存在。ターキッシュブレッドはホットサンドで食べられる事が多く、具材にはチキン&ルッコラだったり、スモークサーモン&クリームチーズだったり、シンプルにアボカド&ソルト&ペッパーなんかが人気でした。

きっとバター&「theANko」を乗せても最高だなって。ああ、想像したらヨダレ出た。日本でもあんぱんがあるくらいだから、美味しくないわけないよね!保証付のマッチングだわ。

theANko」はチューブ型だし、ミニマリストにもぴったりのサイズ感。バックパックの中に忍ばせても邪魔にならないのがいいよなぁ。しかもルックスもイケてるオシャレあんこだし。ああ、この先の旅も絶対楽しくなりそうっ!

ターキッシュブレッドってこんなに大きいんですよ!
旅人まりーしゃ(Instagram)
バックパッカーで旅を続けるコラムニスト。渡航国の数は125カ国。週刊プレイボーイのニュースサイトで6年にわたり旅のコラムを連載。Sサイズモデルとしても活躍。