カテゴリー
theanko

the ANkoが血糖値を最適なレベルで維持することが判明

我々はthe ANkoをスポーツ用あんこと銘打って発売していますが、「なぜあんこなの?」「あんこの何がいいの?」という質問を受けることがあります。メディアからの取材を受けたときには特にそう言われます。みなさん「糖質補給をあんこでする必要性がどこにあるのか」という答えを求めるのにとても熱心です。

一方でthe ANkoを購入してくださっているアスリートたちはもっと純粋です。「あんこが好きだから」「the ANkoは美味しいから」それだけの理由で購入される方がほとんどです。ありがたいことです。

そもそもtheANkoを購入してくださるアスリートは健康やからだのことに意識が高い方が多いです。というのも、「運動前や運動後に糖質が不足すると筋肉が減ってしまうし、パフォーマンスが落ちる」ということをすでに知っている人たちだからです。必要不可欠な糖質補給の手段のひとつとしてthe ANkoを選択しているのです。

糖質補給をするべきなら、美味しければそれでいいじゃないか。それ以上のことなんてあるだろうか。我々もそう思っていました。しかし売っている方の我々ですら、あんこをみくびっていたのです。

同じ量の糖質を補給したいなら砂糖や白米でもいいんでしょ、あんこと他の糖質と何が違うの、という問いに対してエビデンス(実験結果)を持ってきてくださったのが至学館大学健康科学部健康スポーツ科学科髙橋淳一郎教授

髙橋教授はthe ANkoが発売される以前から、腹持ちがいいのにお腹が膨れない、満足感がある、というあんこの特色に注目していたそうです。

今回髙橋教授の協力を得てあんことスポーツドリンクの血糖値比較調査を行いました。トレーニング直後にthe ANkoを飲んだ場合とスポーツドリンクを飲んだ場合を比較したところ、the ANkoの方が血糖値が高い状態を何時間も維持できました。

いままで我々が感覚として持っていた「あんこの腹持ちの良さ」がデータで実証されたのです。

血糖値が100〜120の状態というのは体が最も”快適に動ける”数値。その数値を維持することで、筋肉にグリコーゲンが満たされた状態を維持する。それにより筋肉の破壊も起こらず、糖質不足でフラフラの状態になることもなく、パフォーマンスにも、結果にもいい影響を与える。

the ANkoを選んでくださっている皆さんにぜひお伝えしたい。「あんこは美味しい」だけではなかったんです。

あなたのトレーニングを細胞レベルで応援するサプリ、それがthe ANkoです。

調査結果をまとめたスライドをご覧いただけます。運動と糖質の関係について詳しく知りたい方は、ぜひ。

the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko アスリート

雪山でもthe Anko – Nob Mizusawaさんによるレビュー

the ANkoが製品化されたときから、ずっと思っていました。

誰か雪山で食べてくれないかと。

the ANko

話としてはときどき耳に入っていました。the ANkoを置いてくださっている山荘の方からも、「買ったお客さんたちがその場でおしるこにしている」という話を伺ったりしていたので。

私自身、ハイキングレベルですがときどき山登りをしており、the ANkoの山でのポテンシャルに関しては疑いようもなく高い、と思っていました。

ポケットに入る。手が汚れない。リキャップできる。十分な量の糖質補給。歩きながら飲める。どこでも飲める。好きにアレンジもできる。こんなに山で飲むのに適した食料があったでしょうか。

と思っていたら、実際に雪山に持って行ってレビューしてくださった方がいました。

登山愛好家でスキー愛好家のNob Mizusawaさん。弊社がサポートするアイスクロスの鈴木雅仁選手からthe ANkoを紹介され、試してくださったそうです。

青い空に真っ白な雪。ひと気のない静かな山の中で雪を踏むザッザッという音だけが聞こえる。そんな素敵な映像とともにthe Ankoを紹介してくださっています。

Nobさんは「凍らない」ということも指摘していました。糖分が入っているから凍らないのが便利だと。実際に雪山に持って行ったからこその感想です。

山登りをされる方、試しに、山に持っていって超絶便利なthe Ankoの良さを山で体感してください。単純に、休憩のときあんこがあると思うとすごくうれしいはずです。あ、あとひとつ山でいいところ。飲み終わったら小さくなります。

the ANkoネットストアはこちら