カテゴリー
アスリート インタビュー

ウルトラトレイルマラソン(香港)2020女子5位・会田雪子さんインタビュー

the ANkoが応援するアスリートの皆さんをご紹介するインタビューシリーズ。今回は「ほぼ運動経験なし」で30歳を過ぎてからウルトラマラソンに挑戦し始め、Ultra-Trail Tai Mo Shan2020で女子5位に入賞した会田雪子さんをご紹介します。

●”ウルトラマラソン”というのは、42.195kmを超えるレースという定義だそうですが、会田さんが参加するレースでは何キロくらい走るんでしょうか。

ウルトラトレイルランニングでは単位は100マイル(=約170 km)になります。世界水準でトレランに参加していたら、100マイル走らないと世間話にも入っていけない(笑)。 マラソンだとゼーハー必死で走らないといい成績は出ませんが、100マイルレースではどれほど世界の速い選手でも20時間、女性だと40時間かかったりするんです。速さとか身体能力だけじゃなくて、補給食や睡眠、ペース配分をトータルでマネジメントしてようやく完走ができるという特殊な競技だと思います。そういうところが面白さですね。速く走れるだけが強いんじゃないんだっていう。

●とはいえ、やっぱり走ることが得意じゃないとなかなか参入しないジャンルではあると思うのですが、走ることは好きだったんですか?

実は私、34歳でランニングを始めたんです。昔から足は遅いし、走ることなんか嫌いという部類だったんですが、34歳のときに病気を患いまして。体力をつけて病気を克服したいと思い、まずは嫌いな走ることから始めてみようと。
マラソンってわかりやすくて、がんばった分だけ数字が伸びるんです。それが励みになって自分でも頑張って走ったんですが、やっぱりどうも走ることが好きではないんですよ(笑)。その時に出会ったのがトレイルランニングという山を走る競技。山は好きなのでたちまち夢中になりました。ただそのトレイルランニングの世界的な距離の基準が100マイルだったんです。それでこっち側の世界へ入っていったわけです。

●走るのが嫌いだからトレイルランでさらに長い距離へという、消極的な理由から積極的な結果になっているのが面白いですね。チームに所属して練習しているんですよね?

日本のトレイルランニングの第一人者と言われている鏑木毅さんのチームに所属しています。チームの中でも世界トップレベルの人から、私のように国内で女子で入賞できたらラッキーみたいなレベルまで幅広いんですが、所属して3年目になります。
メンバーは男性も女性も、やっぱり異常にタフでおおらかな方が多い印象です。他人と競い合う競技ではなくて自分との戦いという面が強い競技なのでわりと競技年齢が高いんです。40代中盤がメンバーとしては多いですね。

男女問わず、「変態的」と言えるような練習を普段からやっています。24時間ぶっ続けで走ってみたり、1日で富士山を4回登ってみたり。私たちは「一筆書き」って言うんですが、富士山は登山道が4本あってそれを一本ずつ全部通って4回登るから一筆書き。

●富士山の「一筆書き」は恐れ入りました。そんな過酷な練習を積んでも、やはり本番のレースはさらに過酷だそうですね。

寝ながら走って山から落ちるとか、走りながらゲーゲー吐くとか、歩きながら幻聴幻覚を見て木に向かって話しかけたりとか。。。 とりあえず最終的には食べられれば死なずにゴールできるので(ニッコリ)。諦めなければ絶対誰もがゴールできる競技だと思っています。最終的に精神力ですね。

思い出深いレースは、今年1月の第1週目に香港で行われた100マイルレースです。私にとっては2回目の100マイルレースでした。初めての100マイルレースはボロボロで何も出し切れなかったという後悔があったので、ちゃんと最後まで走りたいという思いで、体づくりや補給食を特に見直しました。

出発2日前から38度の熱が出てしまって。走れる状況じゃないなと思いながらも一年かけて準備してきたので、リラックスして挑もうと参加しました。やっぱりちょっと苦しみましたが、一方で現地のボランティアスタッフが非常に温かかったです。私が倒れてるところに何かしら口に入れようとしてくださったり、介護してくださって。最終的にはゴールできた上に、成績は女子5位でした。

完走できたことも嬉しいし、それなりに個人でも良い成績が取れたのが嬉しかった。最終的には自分を信じてあげることと補給食をとりあえず食べ続けること。それをすれば絶対に体が復活することを体感しましたね。あのときはゴールしてもまだ走れるような感じでした。

●補給食の話が出たので、詳しく伺います。the ANkoは補給食としていかがですか。

荷物は軽い方が良いので軽量化するために皆さんハイテクな装備を色々工夫しています。補給食も何gで何カロリーか、どの局面でどんなエネルギーを取るか、それぞれ戦略を巡らせます。

ドロップバッグというリュックに補給食やドリンク、着替えなどを詰めて走りますが、レースでは荷物を1gでも軽量化したいので、私はthe ANkoのパッケージのフチをハサミでぎりぎりまで切り落とします。さらに、元気なときに一度キャップを開けておく。なぜかというと、ふらふらで握力がなくなった時に食べたいと思っても開けられなくなってしまうから。

the ANkoのいいところはたくさんありますが、まずパッケージが透明なのがいいですね。中身が見えると元気が出ます。私、しろあんがすごく好きなので、取り出して「しろあんが食べれる!」と嬉しくなります。本当にちびちび一口ずつ飲みながら走ってたんですが、お守りみたいでしたね。

体が極限状態のときに一気に食べると胃腸障害が起こるんです。 胃腸に血流が回っていないため消化吸収がうまくいかなくて。嘔吐してしまうのでなるべくゆっくり少しずつ 食べるんです。固形ではないことと少しずつ摂取できることがすごくウルトラレースでは重要なんですね。だからリキャップできることや、水がないところでもちゃんと喉を通ってくれる喉越しの良さはすばらしいです。最後の1gまで愛おしいです。

●そんなに熱くthe ANkoを語っていただいてありがとうございます(涙)今後の予定など教えてください。

トレイルランニング競技者の誰もが憧れるのがフランスのモンブランで開かれる通称UTMBという世界最大のウルトラトレイルレースです。私も今年参加予定でしたがコロナで延期になったので、来年の8月に向けてトレーニングを積んでいます。今年の香港のレースが自分の中で初めて成功事例として確信が持てたので、さらなるステップアップができるんじゃないかとワクワクしています。補給食など摂取するもので自分のコンディションをいかに整えるかというところがこの競技の醍醐味でもあるので、少しでも美味しいものや自分の好きなものを食べて臨みたいですね。

マラソンを完走することも、山を登ることも普通の人にとっては決して簡単ではないのに、ウルトラトレイルマラソンは山を登りながらマラソンの何倍もの距離を走ります。会田さんが何度も言っていた「ただ速く走るだけのレースではない」という言葉には、準備や体づくりも含めて自分が組み立てて楽しむレースであるという意味が含まれているのだと思いました。過酷なレースの中、the ANkoが少しでも気持ちと体を癒す助けになれば幸いです。

塩分ゼロ!保存料・人工甘味料もゼロ!マラソンや山登りの補給食にもおすすめ『「飲む」あんこ the ANko 』のお買い上げはこちらから

カテゴリー
(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

新連載「(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅」のお知らせ

このthe ANkoブログで10月から新連載が始まります。

(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

まりーしゃさんはバックパッカーで旅を続けるコラムニスト。週刊プレイボーイで6年にもわたって旅のコラムを連載しています。(「旅人マリーシャの世界一周紀行 Blue Hunter」)また、Sサイズモデル(身長152センチ)でもあります。

まりーしゃさんがこれまで訪れた国は世界125か国。ちなみに”珍獣ハンターイモト”は今のところ118か国ですからね。個人で訪問した国数ではたぶん世界トップクラス。

彼女のインスタグラムやブログを読んでいると、さらりと近所をお散歩でもしているかのように軽やかに、様々な国を歩いている様子が伺えます。「ここが日本と違うね!」みたいなことを声高に指し示したりはしないし、インスタ映えのために表情を作ってフォトジェニックなスポットでポーズを決めたりもしない。

様々な国の人々の日常の隙間にスルッと溶け込んで、スルッと出ていく印象を受けます。

ここはここ、あっちはあっち、あなたはあなた、わたしはわたし。相手も自分もあるがままで尊重する姿勢は、現代に生きる私たちに極めて必要とされるもの。そうだった、相手は相手、自分は自分だよね、と彼女が思い出させてくれるのです。

また彼女の旅のスタイルでユニークなのが、世界各国に散らばる”旅友”の存在。行った先々の国で知り合った人たちを訪ねたり、別の国で落ち合って一緒に旅をしたり、ボーダレスです。

そんなハードルの高そうなことも、やっぱりまりーしゃさんは当たり前のようにさくっとやっています。読めば、この人は一体どんな人なんだろう?と絶対に興味が湧いてくるはずです。

そんなまりーしゃさんが、the ANkoのためにコラムを書いてくれることになりました。「(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅」。まりーしゃさんがこれまで世界各国を旅して食べてきた、たくさんの美味しいもの・珍しいものの中から、「これあんこに合うんじゃない?」と思うものを紹介してくれるコラムです。あくまで「合うんじゃない?」だから”妄想旅”。あんこしばりでどこまで行けるか未知数なので、(仮)もつけました。

むちゃぶりなのは承知の上です。
私たちはあんこ屋なのでこういうことにならざるをえないのですが、もちろんまりーしゃさんには「あんこに合うかどうか真剣に考えなくても構いません」とはお伝えしています。まりーしゃさんが紹介する世界各国の食べ物・日常・景色などだけでも十分に楽しんでいただけると思いますが、それに加えてあんこをどう絡ませるか、まりーしゃさんの腕が光ります。

10月第2週から月2回の隔週連載です。
実は私たちが一番楽しみにしています。
みなさまもどうぞお楽しみに!

カテゴリー
theanko アスリート インタビュー

今季も大活躍!阪神・近本光司外野手からtheANkoへのコメント

近本光司 阪神タイガース 外野手

2019年はルーキーながら36盗塁で盗塁王を獲得、さらに159安打81得点と、新人としては記録に残る大活躍。

今季は8月も月間38安打で球団の月間安打記録9位タイ。9/15の巨人戦では巨人のエース・菅野智之投手から1試合2本塁打を含む4打数3安打2打点の猛打賞。セ・リーグで最も注目を浴びる選手の1人。

今季も破竹の勢いを見せる近本選手のパワーの秘密は、
the ANko

近本選手から直接、the ANkoへのコメントをいただきましたのでご紹介します。
「ゲームの30分前と終盤のタイミングでthe ANkoを摂取しています。素早くエネルギーに変わり、ゲーム後のリカバリーにも、この液状のあんこがとても良かったです。」

「飲む」あんこ。the ANko しろあん

近本光司選手愛用の《「飲む」あんこ。the ANko しろあん》のお買い上げはこちらから

the ANkoは塩分ゼロ!保存料・人工甘味料もゼロ!
the ANko つぶあんはこちら
the ANko こしあんはこちら

小豆のビタミンB群が糖の吸収をアップさせるので、疲労回復に効果が高いと言われているあんこ。疲れた旅人が立ち寄る街道沿いの茶屋などで、あん団子やお汁粉が出されていたのはそのためです。

また、血糖値を維持する力が強いあんこは運動前に摂取することで、筋肉にグリコーゲンが充満した状態を維持できます。(→至学館大学髙橋教授による研究結果)

高いパフォーマンスを要求されるプロアスリートが続々と、あんこの効果を認識しトレーニングに取り入れ始めています。

塩分ゼロ!保存料・人工甘味料もゼロ!近本光司選手愛用の『「飲む」あんこ the ANko 』のお買い上げはこちらから

カテゴリー
アスリート インタビュー

TVチャンピオン2連覇チョークアーティスト・田島奈保さんインタビュー

今回はアスリートインタビューの番外編です。シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング)の国体選手から海外生活を経てチョークアーティストに転身。「TVチャンピオン極」チョーク看板職人選手権で2連覇など、チョークアーティスト界のトップランナーとして活躍する田島奈保さんにお話を伺いました。

アスリートのセカンドキャリア問題について議論が高まる昨今、セカンドキャリアを支援する団体がいくつも設立されたり、現役時代からセカンドキャリアについて言及する選手も少なくありません。競技に関連するキャリアを目指すか、全く違う異業種に飛び込むのか。田島さんは”ふわっとした”選択をしたようにも見えますが、選んだ後のダッシュの仕方がなるほど一流のアスリートだと思わせるものでした。

田島奈保 たしま・なお[チョークアーティスト]

2009年11月  北の動物大賞展 入選
2010年2月  福岡市美術展 デザイン部門 入選
2011年6月  大野城市あどかぴあ総合美術展 絵画部門 入選
2018年4月  テレビ東京「TVチャンピオン極 チョーク看板職人選手権」優勝
2019年2月  テレビ東京「TVチャンピオン極 チョーク看板職人選手権2」優勝

 

この投稿をInstagramで見る

 

NAO TASHIMA / 田島 奈保(@gfchalkart)がシェアした投稿


ーシンクロナイズドスイミングの国体選手という経歴をお持ちだそうですね。弊社の社長・平子とも水泳を通じて高校生の頃からの付き合いだとか。

そうなんです。ずっと水泳ひとすじの青春で。平子さんとはそのときからの知り合いでした。お互い水球とシンクロと競技は違いますが、福岡代表で国体に出場していたので、一緒に練習していました。

ー海外生活を経験されて、そこでチョークアートと出会ったそうですね。

21のとき、マレーシアに青年海外協力隊として滞在しました。それはマレーシアの人たちにシンクロを教えるというミッションでした。その後、目的もなくふらりとオーストラリアにワーキングホリデーで1年滞在しました。チョークアートに出会ったのもそのときです。ただ、習ったというわけではなくて、こんなものがあるんだ、面白いなと頭の片隅に認識したくらいのものでした。

オーストラリアから戻って東京で外資系の会社に就職。仕事にも慣れてきた頃、同期の子がチョークアートの教室に通い始めたのですが、楽しいから一緒に通わないかと誘われたのがきっかけです。

ー”ひと目見て強烈に魅力を感じた”というわけではなかったんですね。もともと絵を描くことは好きだったんですか。

はい、授業中に絵ばっかり描いてる子でした(笑)。でも美術の学校に通おうと思ったことはなく、趣味で描ければいいかなって。だから誘われるまではチョークアートのことなんかすっかり忘れていました(笑)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NAO TASHIMA / 田島 奈保(@gfchalkart)がシェアした投稿

ーそれが一転して仕事になったわけですね。

教室は楽しかったけれど最初は本当に仕事にする気はなかったんです。ただ、だらだら通っているうちに講師の資格が取れますよ、というところまで来たんです。でも資格を取るにもお金はかかります。お金をかけて資格を取ったところで、その後どうしようかなとはたと考えたんです。

例えば故郷の福岡でやるとしたらどうだろうと。調べたらそのときはまだ福岡でチョークアートをやっている人がいなかったんです。これはビジネスチャンスかもしれない!と一念発起して、資格を取ってすぐ福岡に帰ってきたんです。そして現在に至ります。

ー「やってる人いない、チャンスだ!」とすぐ行動するあたり、福岡の人の”先駆者体質”が現れているような気がします(笑)。次は現在の話を伺います。チョークアートの依頼はどのような内容のものがありますか?

現状、お店からの依頼よりも個人のお客様の依頼の方が多いですね。ペットの絵を描いて欲しいというご依頼をとても多くいただきます。あとはウェディングパーティのウェルカムボードを描いたり。

面白いお仕事では、天草の下田温泉望洋閣さんというホテルの壁を2年ほど描かせていただいています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

望洋閣(@boyokaku_shimoda)がシェアした投稿


壁一面、黒板になっているんです。その壁を数ヶ月ごとに描き換えています。モチーフは天草の食べ物や動物、景色など。最近は疫病退散祈願でアマビエを描きました。いつも面白い題材を依頼いただくので毎回楽しみにしています。こんなに大きな絵を描く機会もそうそうないですからね。

ー先日出川哲朗さんがバイクで旅する番組「充電させてもらえませんか」を見ていたらそのホテルが出てました!チョークアートも映ってましたね。すごく素敵な女将で、なるほどこの方ならチョークアート依頼しそう、と思いました。

ーそもそもチョークアートってどれくらいもつものなんですか?こすったら消えてしまいそうですが。

「チョーク」アートと言いますが、実はクレヨンみたいな画材で描いています。油が入っているのでねっとりしているんです。学校の黒板で使うチョークとは違うものです。また、描いた後は全面をコーティングするのでこすって消えることはありません。

室内で紫外線の当たらないところだったら少なくとも10年以上はもちますね。それ以上古いものは持っていないのでわかりませんが。ただ、屋外だと残念ながら1年くらいすると退色してしまいます。普通にインテリアとして気軽に取り入れてくださるといいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NAO TASHIMA / 田島 奈保(@gfchalkart)がシェアした投稿

ーホームページからお仕事の依頼ができるんですよね。さて今回、弊社でも築地の店舗に続いて2度めのご依頼を差し上げました。駅ナカでデザートを販売するときの看板です。どういうイメージで描きましたか?

以前コールドプレスジュースの看板を書かせていただいたときは野菜がメインでしたが、今回は”フルーツいっぱいバージョン”ですね。本描きをする前にラフ案を出してデザインチェックをしていただくのですが、平子さんはチェックするたびに”もっと増やせもっと増やせ”と(笑)。。。最終的には敷き詰めるみたいに隙間なくフルーツを詰め込みました。ビタミンカラーを多用して元気が出る感じが表現できたと思います。

田島さんのチョークアートは、モチーフに一歩踏み込んだ観察眼と力強いタッチ、そして周囲を明るくする色使いが特徴。水泳に青春を捧げたお絵かき好きの女の子が、チョークアート界で頭角を現す存在になるまで、傍目には軽やかな歩みに見えますが努力を努力と見せないところが田島さんなのかもしれません。
田島さんのチョークアートは弊社催事でご覧いただけます。催事にお出かけの際はぜひ看板を探してみてくださいね。

築地果汁創作所 催事予定