カテゴリー
アスリート インタビュー

富士五湖118km優勝フィットネストレーナー・尾藤朋美さんインタビュー

theANkoが応援するアスリートの皆さんをご紹介するインタビューシリーズ。今回はオンラインフィットネスで注目を集める”走れるトレーナー”こと尾藤朋美さんをご紹介します。

尾藤朋美(びとうともみ)・フィットネストレーナー

圧倒的な発信力と親しみやすい明るさで人気のフィットネストレーナー。チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン118km総合優勝、スパルタンレースELITE3位の実績を持つ”走れるトレーナー”。ランとは両立が難しいと言われるボディメイクにも挑戦し、2019年NPCJ BIKINI FITNESS優勝も成し遂げる。オンラインサロンでの”Zoomフィットネス”がコロナ禍における新しい取り組みとして注目を集めている。
尾藤朋美オンラインサロン

  • 月額980円でのオンラインサロンZoomフィットネス

-尾藤さんのオンラインでの取り組みを見せていただき、今はトレーニングがこういう形になってるのかとびっくりしました。月額980円のお手頃なオンラインサロンでありながら、毎日参加し放題。参加者のみなさんZoomでそれぞれ楽しそうにトレーニングしています。この形式はいつから、どういう風に始まったんですか。

この形になったのはコロナがきっかけです。私は元々オリエンタルラジオの中田敦彦さんのオンラインサロンに参加していて、ランニングのオフラインイベントを担当していたんです。ところがコロナでそれが出来なくなり、じゃあオンラインでフィットネスをと提案しました。中田さんのサロンでオンラインで毎朝やらせてもらっていたら、Instagramで一般の方からもオンラインでフィットネスやってくださいという声をいただいて。最初は無料のオンラインサロンを始めたのですが、6月の自粛解除の頃から有料のオンラインサロンに移行しました。

-YouTubeチャンネルでも活動されていますね。

YouTube チャンネルを立ち上げてはいたけれども自分で動画も作れないので全然動いていなかったんです。そうしたらお手伝いをしてくださる方が出てきて。最近チャンネル登録者が1000人を超えたのでまた新しい展開も考えています。

 -YouTube 動画では次の動きをワイプで出すなどして、すごく分かりやすい!と感動しました。フィットネスとオンラインがこんなに相性が良いというのは以前から想像していましたか?

いえ!全然想像していませんでした(笑)。私自身がオフライン人間で、何をするにもとにかく実際集まろうよという人なので。それがコロナを機にすっかり変わりました。東京近辺以外の地方の方や海外の方も参加してくださっているので、世界が一気に広がった感じです。オンラインフィットネスの参加者は東京よりも地方の方が確実に多いです。

-地方の方にとっても憧れの尾藤さんのレッスンを地元にいながらリアルタイムに受けられるというのはすごくメリットがありますよね。

月額980円にしているのも誰にでも参加しやすくっていうのが目的なので。朝晩のセッションを全部受けたら1セッション30円ぐらいになるんです。だから毎日でなくてもフランクに参加していただけるかなと思っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾藤朋美🏃‍♀️走れるトレーナー🏋️‍♀️#ともトレ(@tomomi_fitness)がシェアした投稿


-オンラインフィットネスの展開で、より発信力が高まったのではないですか。

Instagramなどで協賛の声をかけていただくことも多くなりましたね。私がいいなと思った物を皆さんにお勧めできる機会も増えてきました。theANkoも大変お世話になっています。この商品は山に持って行くのにもいいし、すごく好きな味です。もっと広めていきたいと思っています。オンラインサロンの参加者さんも購入してくださる方がとても多くて、評判も上々です。

-逆にオンラインでのデメリットを感じる場面はありますか?

オンラインでパーソナルトレーニングもやっているんですが、自重+ヨガマットだけの環境だと物足りないことはあります。もちろんそれでもある程度のところまでできますが、もっと負荷をかけたいなとか。あとは画面に全身が映らないとか角度によっては見えないというときにちょっともどかしいことも。ただ、リアルの方ができることも多いけれどもオンラインの方が気軽で参加のハードルが下がるのは圧倒的なメリット。今後はオンラインでできる限りわかりやすく伝えられるようにするのが課題です。

-オンラインサロンに参加している方に多いのは運動経験者?それともこの機会に始めてみようという初心者?

元々運動していた方の方がずっと少ないんです!中田敦彦さんのオンラインサロンはビジネスサロンですが、ビジネスサロンでもフィットネスやランニングなどのアクティブなことをやろう、と呼びかけて実施しました。「高校の体育の授業以来です」っていう人もいるし、皆さんやってみたら楽しかったと言ってくれます。

  • オンラインサロンは日々のモチベーションを上げるのに最適

-私も含めて、トレーニングを続けられない初心者未満の人が続けるにはどうしたらよいでしょうか。

私のオンラインサロンもそういう方ばっかりですよ。まずは是非参加してみてください(笑)。私は”普段こんなことやってます”って色々発信しているんですが、普通の会社勤めの人にとっては非現実的に見えるかもしれません。朝晩トレーニングやって昼にランニングの練習をして、それだけ動いてればそりゃあいっぱい食べても太らないよねって思われるかもしれません。でもサロンに入ってる人達は皆さん普通の方です。主婦とか会社員とか。そういう普通の人たちが毎朝ちょっとずつやることによって体の変化を感じています。さらに私以外の人とも横のつながりで交流が深まっていくと、この人が頑張ってるから私も頑張ろうとか、周りが頑張ってるから私ももう一歩きついメニューやろうとか、引っ張られる部分があると思います

-集団というか、仲間としての効果ですね。

毎日ちょっと立ち上がって動くだけでも違うじゃないですか。それを無理やりじゃなくて習慣にしてみる。最初は眺めるだけでもいいし、準備運動やクールダウンだけでもいい。ちょっとずつできることを増やしていくような使い方でも全然いいと思います。”仲間”と”習慣”というのは強力なモチベーションになると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾藤朋美🏃‍♀️走れるトレーナー🏋️‍♀️#ともトレ(@tomomi_fitness)がシェアした投稿


-尾藤さん自身が”有言実行”の人という印象です。サブ3切ります、サハラマラソン優勝します、など明確に宣言をしますよね。それもモチベーションの上げ方なんでしょうか。

私はトレーナーになった時から「有名になりたい」など目標は全部言うことにしています。サハラマラソンも、砂漠のレースなんか出たことないし何言ってるんだって思われるかもしれないけれど、口に出すことによって自分も頑張れるし逃げられない環境になります。宣言すると周囲もそれに向けて応援してくれたり、自分もやるよと言う人が出てきたりするんです。

オンラインサロンでも「毎日ちょこっと有言実行しましょう」と呼びかけてチャレンジ企画を行なっています。家の掃除をする、本を読むなど運動以外のことでもいいんです。それをクリアできたらポイントゲット。ポイント貯まっても何もないんですけど(笑)。大きく目標を立てるのもいいですが、小さい目標をちょこちょこ達成できると嬉しいでしょう。フィットネスでも、例えば3キロ痩せるという目標を立てても3kg減らすの大変じゃないですか。今日は階段を登る、コーヒーのお砂糖を半分にするって決める→目標達成できた!という小さい達成感て大事なんですよ

-目標へ導くのがすごく上手ですよね。元保育士さんという経歴をお持ちですが、そのあたりのメソッドが役に立っているのでは。

そうかもしれないですね。保育士だから表現を大きくするのにも抵抗がないんです。オンラインだとボディランゲージを大きくする必要があるんですが、大人が全力で両手で丸して「オッケーでーす」みたいなの普通やらないでしょう(笑)。でもオンラインだとみんな大きく丸!ってやってくれる。お互い楽しいですよ。わかりやすく伝えることは常に意識しています。

  • トレーナー/アスリートとしての今後

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾藤朋美🏃‍♀️走れるトレーナー🏋️‍♀️#ともトレ(@tomomi_fitness)がシェアした投稿

-トレーナーとして、またアスリートとして、今後の目標をおしえてください。

正直インストラクターとしての経験はあまり豊富ではありません。だからそのぶん飾らずにありのままでいるようにしています。失敗しても、参加者さんたちは「朋美さんオッケー!」っていう感じで受け止めてくれます。私が明るく失敗すると、参加者さんが「自分も間違えてもいいんだ」と思ってくれるんです。トレーニングへのハードルを下げるとともに、私との距離も近くなります。

私はテレビやメディアにたくさん出て有名になりたい。もっといろんなことを発信したい。体を動かすことの楽しさをやってみたことのない人にやってほしい。そのきっかけになるような存在になりたいというのが大きな目標です。

健康寿命を伸ばすことが一番だと思っています。いくらバリバリ仕事ができても体を壊しちゃったら楽しめないですから。男性も女性も、見た目が健康的な方が自分をさらに好きになれますよね。とにかくポジティブなオンラインサロンを目指しています。皆がハッピーになれるようなコミュニティを作ってガンガン発信力を高めていきたいです。サハラマラソンもボディメイクもその延長線なんです。


飛んでくる石を恐れてあいまいな言葉ばかりが行き交うこの時代に、久しぶりに「海賊王に俺はなる!」ばりの明言をする女性が現れたという印象です。ただ、お話を聞くとその明言にもきちんとした根拠があり目的があり、それを実現するための緻密な計画がある。彼女のような一流のアスリートは総じて真面目で計画的、そして努力家。決してノリや雰囲気だけで思い切った発言をすることはないのです。尾藤さんのポジティブな姿勢は他人に向けたものではなく、「もっと自分を好きになるため」という自分に向けたメッセージ。オンラインサロンの皆さんの笑顔が輝いているのは、自分を好きになれた実感を彼女が与えてくれるからかもしれません。

カテゴリー
theanko

theANkoの美味しさの秘密〜岡常製糖の鬼ザラ糖〜

theANkoの原材料は小豆(しろあんの場合は白インゲン豆)とザラメだけ。使う材料が少ない分、その品質にはとことんこだわります。
「ザラメ」とひとくちに言ってもその種類は様々。たくさんの砂糖製品がある中であんこプロデューサー・山口彦之氏が選んだのは、数々の有名和菓子店から絶大な支持を受ける岡常製糖の「鬼ザラ糖(R)」でした。

鬼ザラ糖とは


40年以上、味利きの和菓子職人たちから信頼され使われてきた岡常製糖のトップブランド商品。単一結晶としては日本一の大きさ、粒径 3.7mmの白ザラ糖です。ショ糖純度は驚きの99.9%。不純物を極限まで取り除いたザラメは素材を引き出す力が強く、theANkoのスッキリした甘さの元になっています。10円玉を置いて粒の大きさを比較してみました。

鬼ザラ糖の評価


モンドセレクション3年連続金賞
国際優秀品質賞を受賞。
さらに「味香り戦略研究所」において実施された官能検査では、鬼ザラ糖は「おいしさ」「ツヤ」「甘みのキレ」「食感」「舌触り」のすべての項目で他の製品を圧倒する高評価を受けました。
糖度の高い製品ではより差異が明確になるとのことなので、まさにあんこには望みうる限り最高の素材といえます。日本の多くの高級和菓子店が「鬼ザラ糖」と名指しで使用するのも納得です。
製品技術者の方に伺ったところ「結晶の純度が高いので、その分非常に水に溶けやすいのです。そのため繊細な工程が必要で味にごまかしのきかない和菓子で重宝されるのでは。」とのこと。

鬼ザラ糖を作るには

とにかくこの大きさの結晶のザラメを作れる技術を持つのは世界で岡常だけなんです。」と前述の製品技術者さんは胸を張ります。
上の写真にある「結晶缶」という大きな設備、ここで鬼ザラ糖は作られます。
「精製されたショ糖の飽和溶液と、シード(種)と呼ばれる結晶の素となる砂糖を入れて、ゆっくりと結晶を育てていきます。非常に手間と時間のかかる工程ですが、鬼ザラ糖を作るのに最も大事な工程です。」(製品技術者談)

鬼ザラ糖の名前の由来

オニヤンマ、鬼おろし、オオオニバスなど鬼がつく単語がいくつか思いつくように、日本では古来”普通より優れてひときわ大きい”ものを表すのに「鬼」という言葉を使ってきました。鬼ザラ糖の名前自体は製品ができた40年以上前から使われているので、その当時から「普通のザラメよりも優れてひときわ大きいザラメ」であると業界内で認識されてきた証です。業者間でのみ流通する製品には珍しく、4年前に商標登録も行ったとのこと。岡常のみなさんの鬼ザラ糖への並々ならぬ愛を感じます。

theANkoと鬼ザラ糖

このように高品質で貴重な鬼ザラ糖をtheANkoに使わせていただくのはとても幸運なことです。本来なら岡常さんのお眼鏡に適った実績と信頼のある業者しか使えない貴重なザラメを、特別の配慮で新参者のtheANkoが使わせていただいています。
theANkoは”スポーツ時のあんこエナジードリンク”と銘打っているので、味は二の次と思って購入される方も「実際に飲んだら美味しくてびっくりした」と感想をくださいます。まずくても仕方ない・まずくて当たり前のスポーツ用栄養補給食品を変えたい、という気持ちで私たちはtheANkoを作っています。みなさんが鬼ザラ糖にまつわるストーリーを読んで、そんな気持ちを感じていただければと思います。

この投稿をInstagramで見る

 

theANko(@the.anko)がシェアした投稿


カテゴリー
theanko

【プレゼント】あんこパワーで筋肉にエネチャージ!アスリート応援企画”合計600個!theANkoをドドンと30個20組にプレゼント”

新型コロナで一変した私たちの生活。
これまで激しく汗をかき、息を吐き、体と体をぶつけあってきたアスリートのみなさんもまた、変化を余儀なくされました。少しずつ日常を取り戻してはきたものの、感染を広げないという配慮をしながらの練習には不自由も多いはず。長年の練習の成果を見せる試合や大会が軒並み中止となったことも、みなさんの気持ちを考えると言葉になりません。

さて、脱ぐか、ひと肌。

↓↓↓

◆概要◆

20組のスポーツ団体に、theANko30個セットをプレゼント!<theANko (定価350円)30個(つぶあん・こしあん・しろあん各10個ずつ)>
▼応募締め切り:7月26日(日)23:59まで

◆応募方法◆

▼こちらのフォームから必要事項を記入してください。
※入力後、tsukijikajuu@gmail.comから確認メールが届きます。受信できるようにメールの設定をお願いします。

◆条件◆

▼営利非営利問わず、スポーツを愛する複数人の集まりであること
▼スポーツ団体としての活動実績がSNSやウェブサイトで確認できること
※スポーツ/フィットネスクラブ、体育館等の施設運営者も可
※試合や発表会等の参加実績でも可

(↓↓↓現在のコロナの状況から以下の条件達成が困難な場合もありますので、こちらは可能な方のみお願いします)
▼届いた後、SNSやウェブサイトでtheANkoを飲んでいるところを写真つきで報告してくださること※メンバー個人のSNSでも可

◆当選について◆

▼当選後、当選者の方に弊社からメールでECサイトのアドレスをお送りするので、会員登録をお願いします。
▼会員登録していただいた送り先にtheANkoをお届けします。

◆ご注意点◆

▼弊社からのメールが届かない場合は賞品をお送りできません。tsukijikajuu@gmail.comが受信できるようにメールの設定をお願いします。
▼theANkoには賞味期限があります。弊社がご連絡した会員登録期限までに登録いただけなかった場合は他の方に当選を繰り上げます。
▼不正が発覚した場合は当選を取り消します。
▼当選候補の権利は1団体につき1回とさせていただきます。
▼応募時点で入力いただく情報は団体名・団体のSNS等アドレス・メールアドレスです。当選後は発送のため氏名・電話番号・住所の入力が必要となります。
▼本件プレゼント企画において取得したお客様の個人情報は慎重かつ適切に取り扱い、本件プレゼント発送後に目的外利用を行うことはありません。

主催:築地果汁創作所(株式会社UNDERWATER)
〒110-0003 東京都台東区根岸4-4-9

カテゴリー
theanko レシピ

theANkoでひんやりデザート

梅雨の後半、蒸し暑い日が続きます。そんなときはひんやりデザートで体の中からスッキリしませんか。

【その1】theANkoでそのまま”あんこバー”

「あずきバー」は井村屋の登録商標なので大人の配慮です。。

theANkoにタピオカ用の太いストローか割り箸をブスッと深く刺します。最後の方まで深く刺さないとあんこを支えられないので遠慮なくどうぞ。

見事に凍りました。パックの上の方、吸口ギリギリのラインをハサミで切ります。

そ~っとパックを外していきます。

じゃーん。みごとなあずきバ。。。もとい、”あんこバー”の完成!

ほろほろ崩れるかと思っていたのですが、意外にしっかりくっついています。食べ終わるまで崩落はありませんでした。冷たさで甘さが抑えられてさっぱりといただけます。固くて歯が立たない感じでもなく、コシュコシュと心地よい歯ごたえ。すごく上品なおやつになりました。これはおすすめ!

丈夫なチアパック入りだからこそそのまま凍らせられるのです。全体が凍るので、懸案の「あん残り問題」もするっと解決です。わざわざ棒に刺さなくてもパックのまま凍らせた後、パックの下をはさみで切り、押し出してかじればOK。夏の練習後、冷たいあんこでリフレッシュしませんか。

【その2】theANkoでこおりあずきミルク

ラップの上にあんこをひとくち大に絞ります。または製氷皿で凍らせても手軽です。

これを冷凍庫へイン。

凍ったあんこをグラスに入れて牛乳を注ぎます。

冷え冷えが長続きする、こおりあずきミルクの完成。
冷たいうちに崩してシェイクのようにしてもいいし、ちょっとずつ溶け出してくるあんこを楽しんでも。ちなみにつぶあんの場合ストローはタピオカ用がおすすめです(あんこが詰まるので)。

【夏越の大祓とあんこ】

6月30日は夏越の大祓でした。
一年の半分が過ぎ、それまでに犯したツミやケガレを祓い清め、残りの半年息災に過ごせるように祈る行事です。その際、「水無月」など豆を使った菓子や料理を食べる風習があります。豆は「魔滅」に通じ、穢をおとし魔を払う食べ物と思われているからです。

急に暑くなったり湿気で体調を崩しやすい頃でもありますから、栄養豊富な豆は理にかなった食べ物でもありますね。あんこで残り半年のパワーチャージをして、健康に過ごしましょう!

カテゴリー
theanko メディア

JAグループの雑誌「地上」でtheANkoが紹介されました

JAグループの発行する雑誌「地上」の「話題のthe加工品」というコーナーでtheANkoを取り上げていただきました。

一般の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、
”地域農業の担い手やJA青年部員、JA役職員などを対象に、1947年に創刊されました。日本の食料・農業・農村をめぐる情勢や、社会・経済の動向を反映した企画で、農協運動に参加・参画する仲間づくり、豊な地域づくりに役だつ記事を提供しています”
という目的のある雑誌だそうです。

パラパラっと拝見したところ、生産者さんたちの様子や販売事情、農政の動きなど、まさに日本の農業事情最前線という感じで非常に興味深く読みました。

こんな感じでドーンと1ページに大きく紹介されています。
(誌面そのままはさすがにアウトなので。。。)

私たちの成り立ちと目的を簡潔な文章で的確に紹介していただき、写真も綺麗で(わざわざ食パンに塗ってくださっている!)感激しました。

実は今回の取材はコロナの影響もあり、全てメールでのやりとりだったのですが、質問項目をいただいて驚きました。A4用紙数ページにも及ぶ膨大かつ詳細な質問項目がずらっと並び、回答を埋めるのに相当な時間がかかったのです。こんなにいろんなことを突っ込んで聞いてくださる取材は初めてでした。

しかしそのおかげで、自分たちが漠然と持っていた思いをすべて言語化することができました。今後の取材でもこのメモを持っていればバッチリです。さすがプロ(食生活ジャーナリストの橋本伊津美さん)はすごかった!

おそらく街の書店では置いていないと思いますが、各地のJAで取り扱いがあるかもしれませんので、興味のある方はお近くのJAまでお問い合わせください。