「飲む」あんこ。
the ANko
トレーニング前後に飲む、あんこエナジードリンク

築地果汁創作所ネットストア
the ANko血糖値維持の調査結果(至学館大学健康科学部髙橋淳一郎教授による)
練習後「theANko」とスポーツドリンクを摂取した血糖値を比較/4時間後も練習直後よりはるかに高レベルを維持/「the ANko」は、血糖値を高いレベルで維持する 練習後の栄養補給で、筋肉を壊すことなくトレーニング効果を最大限に/「the ANko」は和菓子と同じ普通のアンコ、ドーピングの心配がない/「the ANko」はスポーツドリンク等よりも優れた結果に 「the ANko」は練習後の血糖値を急上昇させ、長時間持続させる効果があることが確認できました。ハードなトレーニングが続くようなアスリートは、練習後に「ANko」を摂取し、しっかりと食事を摂ることで、常に筋肉にグリコーゲンを充満ささせながらトレーニングすることが出来ると思います。また、一般のスポーツ愛好家の方も、トレーニング後に「the ANko」を摂取すれば、折角鍛えた筋肉を壊すことなく理想の身体を手に入れる日が近くなるかもしれません。「the ANko」はドーピングなどの心配が一切ありませんので、アスリートやトレーニング愛好家の最高のサプリメントになりえると思います。
世界のトップアスリートは、まだ、あんこを知らない。

エネルギー260kcal
脂質0g
炭水化物61g
たんぱく質5.4g
食塩相当量0g

*炭水化物内訳:糖質57g 食物繊維4g
*つぶあん1袋115gあたり
*こしあん栄養成分はこちら
*しろあん栄養成分はこちら

アスリートの未来を変えるのは、引き算のサプリメントだ。

北海道産小豆
ザラメ使用
塩分ゼロ

炭水化物/食物繊維/ポリフェノール
アントシアニン/ビタミンB群
カリウム/サポニン/鉄

*しろあんは北海道産白いんげん豆使用

0コンマが勝負の世界。何を飲むかもスポーツだ。
the ANko つぶあん、こしあん、しろあん
各350円(税込)
築地果汁創作所ネットストア
試合前には、糖トレがいいらしい。(糖分を摂れ…ってことか)
スポーツに、
あんこの
チカラを。
うかつに薬も飲めないアスリートは、何を飲めばいいのだろう。

アスリートが
選ぶ
あんこ

大きなエネルギーを消費するスポーツでは、
スポーツをしながら栄養補給をする必要があります。
その際重要なのは、補給しやすさ。
高カロリーであること、消化が競技の負担にならないこと。
これらの要素を満たすものとして、羊羹などの携帯しやすい和菓子を
栄養補給に選ぶアスリートが少なくありません。

昔、「水を飲むな」と言ってたコーチが今、「あんこを飲め」と言っている。

筋トレに
あんこ

最近では筋肉トレーニング、筋トレのブームとともに、
筋トレの際の補給食としてもあんこが注目されています。
筋トレ前後、筋トレ中の栄養補給に。
甘いものが食べたいけれど脂質はひかえたいときに。
厳しいトレーニング後のご褒美として
モチベーションを上げるために使う人も。

「甘いものは太る」という思い込みが甘い。

手が
汚れない
チアパック

the ANkoは、
補給しやすさ・携帯しやすさ・食べやすさを考えたチアパック入り。
手が汚れず、ベタベタの包み紙のやり場に困ることもありません。
スポーツ中も、オフィスや教室でも、スマートに栄養補給。
いつでもどこでも、the ANkoがあればおやつの時間です。

甘いものは、リスクじゃない。甘いものは、エンジンだ。

おいしさに
妥協しない
栄養補給

the ANkoの監修は、“空也もなか”で有名な空也5代目・山口彦之氏。
山口氏のあんこ職人としての長年の経験をもとに作り上げた、美味しさにこだわったあんこです。
ざらめですっきりとした甘さに仕上げ、運動中にも飲める喉ごしの良さにこだわりました。
あんこは通常甘みを際立たせるために少量の塩を入れますが、
茹で方蒸し方に特徴のある塩抜きの技法を用いて小豆の甘味を引き出しています。
北海道産小豆100%使用、添加物はゼロ、味つけはザラメのみ。
シンプルなthe ANkoはどなたにも美味しく安心して召し上がっていただけます。

あんこプロデューサー

山口彦之

1884年創業の老舗、銀座「空也」の五代目。
1979年生まれ。2011年に新業態の和菓子店、
「空いろ」をスタート。スイーツの様な新感覚の
和菓子であんこの魅力を世界に伝える。
2015年より、ル・コルドン・ブルー東京校講師も務める。
和菓子界の最も若いリーダーの一人。