カテゴリー
アスリート インタビュー

ウルトラトレイルマラソン(香港)2020女子5位・会田雪子さんインタビュー

the ANkoが応援するアスリートの皆さんをご紹介するインタビューシリーズ。今回は「ほぼ運動経験なし」で30歳を過ぎてからウルトラマラソンに挑戦し始め、Ultra-Trail Tai Mo Shan2020で女子5位に入賞した会田雪子さんをご紹介します。

●”ウルトラマラソン”というのは、42.195kmを超えるレースという定義だそうですが、会田さんが参加するレースでは何キロくらい走るんでしょうか。

ウルトラトレイルランニングでは単位は100マイル(=約170 km)になります。世界水準でトレランに参加していたら、100マイル走らないと世間話にも入っていけない(笑)。 マラソンだとゼーハー必死で走らないといい成績は出ませんが、100マイルレースではどれほど世界の速い選手でも20時間、女性だと40時間かかったりするんです。速さとか身体能力だけじゃなくて、補給食や睡眠、ペース配分をトータルでマネジメントしてようやく完走ができるという特殊な競技だと思います。そういうところが面白さですね。速く走れるだけが強いんじゃないんだっていう。

●とはいえ、やっぱり走ることが得意じゃないとなかなか参入しないジャンルではあると思うのですが、走ることは好きだったんですか?

実は私、34歳でランニングを始めたんです。昔から足は遅いし、走ることなんか嫌いという部類だったんですが、34歳のときに病気を患いまして。体力をつけて病気を克服したいと思い、まずは嫌いな走ることから始めてみようと。
マラソンってわかりやすくて、がんばった分だけ数字が伸びるんです。それが励みになって自分でも頑張って走ったんですが、やっぱりどうも走ることが好きではないんですよ(笑)。その時に出会ったのがトレイルランニングという山を走る競技。山は好きなのでたちまち夢中になりました。ただそのトレイルランニングの世界的な距離の基準が100マイルだったんです。それでこっち側の世界へ入っていったわけです。

●走るのが嫌いだからトレイルランでさらに長い距離へという、消極的な理由から積極的な結果になっているのが面白いですね。チームに所属して練習しているんですよね?

日本のトレイルランニングの第一人者と言われている鏑木毅さんのチームに所属しています。チームの中でも世界トップレベルの人から、私のように国内で女子で入賞できたらラッキーみたいなレベルまで幅広いんですが、所属して3年目になります。
メンバーは男性も女性も、やっぱり異常にタフでおおらかな方が多い印象です。他人と競い合う競技ではなくて自分との戦いという面が強い競技なのでわりと競技年齢が高いんです。40代中盤がメンバーとしては多いですね。

男女問わず、「変態的」と言えるような練習を普段からやっています。24時間ぶっ続けで走ってみたり、1日で富士山を4回登ってみたり。私たちは「一筆書き」って言うんですが、富士山は登山道が4本あってそれを一本ずつ全部通って4回登るから一筆書き。

●富士山の「一筆書き」は恐れ入りました。そんな過酷な練習を積んでも、やはり本番のレースはさらに過酷だそうですね。

寝ながら走って山から落ちるとか、走りながらゲーゲー吐くとか、歩きながら幻聴幻覚を見て木に向かって話しかけたりとか。。。 とりあえず最終的には食べられれば死なずにゴールできるので(ニッコリ)。諦めなければ絶対誰もがゴールできる競技だと思っています。最終的に精神力ですね。

思い出深いレースは、今年1月の第1週目に香港で行われた100マイルレースです。私にとっては2回目の100マイルレースでした。初めての100マイルレースはボロボロで何も出し切れなかったという後悔があったので、ちゃんと最後まで走りたいという思いで、体づくりや補給食を特に見直しました。

出発2日前から38度の熱が出てしまって。走れる状況じゃないなと思いながらも一年かけて準備してきたので、リラックスして挑もうと参加しました。やっぱりちょっと苦しみましたが、一方で現地のボランティアスタッフが非常に温かかったです。私が倒れてるところに何かしら口に入れようとしてくださったり、介護してくださって。最終的にはゴールできた上に、成績は女子5位でした。

完走できたことも嬉しいし、それなりに個人でも良い成績が取れたのが嬉しかった。最終的には自分を信じてあげることと補給食をとりあえず食べ続けること。それをすれば絶対に体が復活することを体感しましたね。あのときはゴールしてもまだ走れるような感じでした。

●補給食の話が出たので、詳しく伺います。the ANkoは補給食としていかがですか。

荷物は軽い方が良いので軽量化するために皆さんハイテクな装備を色々工夫しています。補給食も何gで何カロリーか、どの局面でどんなエネルギーを取るか、それぞれ戦略を巡らせます。

ドロップバッグというリュックに補給食やドリンク、着替えなどを詰めて走りますが、レースでは荷物を1gでも軽量化したいので、私はthe ANkoのパッケージのフチをハサミでぎりぎりまで切り落とします。さらに、元気なときに一度キャップを開けておく。なぜかというと、ふらふらで握力がなくなった時に食べたいと思っても開けられなくなってしまうから。

the ANkoのいいところはたくさんありますが、まずパッケージが透明なのがいいですね。中身が見えると元気が出ます。私、しろあんがすごく好きなので、取り出して「しろあんが食べれる!」と嬉しくなります。本当にちびちび一口ずつ飲みながら走ってたんですが、お守りみたいでしたね。

体が極限状態のときに一気に食べると胃腸障害が起こるんです。 胃腸に血流が回っていないため消化吸収がうまくいかなくて。嘔吐してしまうのでなるべくゆっくり少しずつ 食べるんです。固形ではないことと少しずつ摂取できることがすごくウルトラレースでは重要なんですね。だからリキャップできることや、水がないところでもちゃんと喉を通ってくれる喉越しの良さはすばらしいです。最後の1gまで愛おしいです。

●そんなに熱くthe ANkoを語っていただいてありがとうございます(涙)今後の予定など教えてください。

トレイルランニング競技者の誰もが憧れるのがフランスのモンブランで開かれる通称UTMBという世界最大のウルトラトレイルレースです。私も今年参加予定でしたがコロナで延期になったので、来年の8月に向けてトレーニングを積んでいます。今年の香港のレースが自分の中で初めて成功事例として確信が持てたので、さらなるステップアップができるんじゃないかとワクワクしています。補給食など摂取するもので自分のコンディションをいかに整えるかというところがこの競技の醍醐味でもあるので、少しでも美味しいものや自分の好きなものを食べて臨みたいですね。

マラソンを完走することも、山を登ることも普通の人にとっては決して簡単ではないのに、ウルトラトレイルマラソンは山を登りながらマラソンの何倍もの距離を走ります。会田さんが何度も言っていた「ただ速く走るだけのレースではない」という言葉には、準備や体づくりも含めて自分が組み立てて楽しむレースであるという意味が含まれているのだと思いました。過酷なレースの中、the ANkoが少しでも気持ちと体を癒す助けになれば幸いです。

塩分ゼロ!保存料・人工甘味料もゼロ!マラソンや山登りの補給食にもおすすめ『「飲む」あんこ the ANko 』のお買い上げはこちらから

カテゴリー
(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

新連載「(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅」のお知らせ

このthe ANkoブログで10月から新連載が始まります。

(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

まりーしゃさんはバックパッカーで旅を続けるコラムニスト。週刊プレイボーイで6年にもわたって旅のコラムを連載しています。(「旅人マリーシャの世界一周紀行 Blue Hunter」)また、Sサイズモデル(身長152センチ)でもあります。

まりーしゃさんがこれまで訪れた国は世界125か国。ちなみに”珍獣ハンターイモト”は今のところ118か国ですからね。個人で訪問した国数ではたぶん世界トップクラス。

彼女のインスタグラムやブログを読んでいると、さらりと近所をお散歩でもしているかのように軽やかに、様々な国を歩いている様子が伺えます。「ここが日本と違うね!」みたいなことを声高に指し示したりはしないし、インスタ映えのために表情を作ってフォトジェニックなスポットでポーズを決めたりもしない。

様々な国の人々の日常の隙間にスルッと溶け込んで、スルッと出ていく印象を受けます。

ここはここ、あっちはあっち、あなたはあなた、わたしはわたし。相手も自分もあるがままで尊重する姿勢は、現代に生きる私たちに極めて必要とされるもの。そうだった、相手は相手、自分は自分だよね、と彼女が思い出させてくれるのです。

また彼女の旅のスタイルでユニークなのが、世界各国に散らばる”旅友”の存在。行った先々の国で知り合った人たちを訪ねたり、別の国で落ち合って一緒に旅をしたり、ボーダレスです。

そんなハードルの高そうなことも、やっぱりまりーしゃさんは当たり前のようにさくっとやっています。読めば、この人は一体どんな人なんだろう?と絶対に興味が湧いてくるはずです。

そんなまりーしゃさんが、the ANkoのためにコラムを書いてくれることになりました。「(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅」。まりーしゃさんがこれまで世界各国を旅して食べてきた、たくさんの美味しいもの・珍しいものの中から、「これあんこに合うんじゃない?」と思うものを紹介してくれるコラムです。あくまで「合うんじゃない?」だから”妄想旅”。あんこしばりでどこまで行けるか未知数なので、(仮)もつけました。

むちゃぶりなのは承知の上です。
私たちはあんこ屋なのでこういうことにならざるをえないのですが、もちろんまりーしゃさんには「あんこに合うかどうか真剣に考えなくても構いません」とはお伝えしています。まりーしゃさんが紹介する世界各国の食べ物・日常・景色などだけでも十分に楽しんでいただけると思いますが、それに加えてあんこをどう絡ませるか、まりーしゃさんの腕が光ります。

10月第2週から月2回の隔週連載です。
実は私たちが一番楽しみにしています。
みなさまもどうぞお楽しみに!

カテゴリー
theanko アスリート インタビュー

今季も大活躍!阪神・近本光司外野手からtheANkoへのコメント

近本光司 阪神タイガース 外野手

2019年はルーキーながら36盗塁で盗塁王を獲得、さらに159安打81得点と、新人としては記録に残る大活躍。

今季は8月も月間38安打で球団の月間安打記録9位タイ。9/15の巨人戦では巨人のエース・菅野智之投手から1試合2本塁打を含む4打数3安打2打点の猛打賞。セ・リーグで最も注目を浴びる選手の1人。

今季も破竹の勢いを見せる近本選手のパワーの秘密は、
the ANko

近本選手から直接、the ANkoへのコメントをいただきましたのでご紹介します。
「ゲームの30分前と終盤のタイミングでthe ANkoを摂取しています。素早くエネルギーに変わり、ゲーム後のリカバリーにも、この液状のあんこがとても良かったです。」

「飲む」あんこ。the ANko しろあん

近本光司選手愛用の《「飲む」あんこ。the ANko しろあん》のお買い上げはこちらから

the ANkoは塩分ゼロ!保存料・人工甘味料もゼロ!
the ANko つぶあんはこちら
the ANko こしあんはこちら

小豆のビタミンB群が糖の吸収をアップさせるので、疲労回復に効果が高いと言われているあんこ。疲れた旅人が立ち寄る街道沿いの茶屋などで、あん団子やお汁粉が出されていたのはそのためです。

また、血糖値を維持する力が強いあんこは運動前に摂取することで、筋肉にグリコーゲンが充満した状態を維持できます。(→至学館大学髙橋教授による研究結果)

高いパフォーマンスを要求されるプロアスリートが続々と、あんこの効果を認識しトレーニングに取り入れ始めています。

塩分ゼロ!保存料・人工甘味料もゼロ!近本光司選手愛用の『「飲む」あんこ the ANko 』のお買い上げはこちらから

カテゴリー
theanko メディア

ぐらんぱど(埼玉南版・埼玉北版)にthe ANkoが掲載されました

地域情報フリーペーパーの「ぱど」の別冊、「ぐらんぱど」で「地元のお取り寄せグルメセレクション」特集に掲載していただきました。

「ぐらんぱど」とは、元気でアクティブな65歳以上であるプラチナ世代を対象にしたフリーペーパー。”すでに仕事からは一線を退き、子どもも独立して別世帯を構えるなど、比較的時間とお金が自由に使えるのが、この世代の特徴です”とプレスリリースにあるとおり、「ちょっといいお品」が多く紹介されている印象。

the ANkoは「スポーツのためのエナジードリンク」と銘打ってはいますが、中身は銀座空也の山口彦之氏監修の極上あんこなので、もちろんおやつとしても召し上がっていただけます。和菓子好きなプラチナ世代の方には、キャップの利点を生かして何かに添えて食べる「ちょい食べ」もおすすめです。

プレゼントコーナーでは「the ANko6個セットを3名様にプレゼント」という協賛もしていますので、実際に冊子を手にされた方はぜひご応募ください。




カテゴリー
アスリート インタビュー

富士五湖118km優勝フィットネストレーナー・尾藤朋美さんインタビュー

the ANkoが応援するアスリートの皆さんをご紹介するインタビューシリーズ。今回はオンラインフィットネスで注目を集める”走れるトレーナー”こと尾藤朋美さんをご紹介します。

尾藤朋美(びとうともみ)・フィットネストレーナー

圧倒的な発信力と親しみやすい明るさで人気のフィットネストレーナー。チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン118km総合優勝、スパルタンレースELITE3位の実績を持つ”走れるトレーナー”。ランとは両立が難しいと言われるボディメイクにも挑戦し、2019年NPCJ BIKINI FITNESS優勝も成し遂げる。オンラインサロンでの”Zoomフィットネス”がコロナ禍における新しい取り組みとして注目を集めている。
尾藤朋美オンラインサロン

  • 月額980円でのオンラインサロンZoomフィットネス

-尾藤さんのオンラインでの取り組みを見せていただき、今はトレーニングがこういう形になってるのかとびっくりしました。月額980円のお手頃なオンラインサロンでありながら、毎日参加し放題。参加者のみなさんZoomでそれぞれ楽しそうにトレーニングしています。この形式はいつから、どういう風に始まったんですか。

この形になったのはコロナがきっかけです。私は元々オリエンタルラジオの中田敦彦さんのオンラインサロンに参加していて、ランニングのオフラインイベントを担当していたんです。ところがコロナでそれが出来なくなり、じゃあオンラインでフィットネスをと提案しました。中田さんのサロンでオンラインで毎朝やらせてもらっていたら、Instagramで一般の方からもオンラインでフィットネスやってくださいという声をいただいて。最初は無料のオンラインサロンを始めたのですが、6月の自粛解除の頃から有料のオンラインサロンに移行しました。

-YouTubeチャンネルでも活動されていますね。

YouTube チャンネルを立ち上げてはいたけれども自分で動画も作れないので全然動いていなかったんです。そうしたらお手伝いをしてくださる方が出てきて。最近チャンネル登録者が1000人を超えたのでまた新しい展開も考えています。

 -YouTube 動画では次の動きをワイプで出すなどして、すごく分かりやすい!と感動しました。フィットネスとオンラインがこんなに相性が良いというのは以前から想像していましたか?

いえ!全然想像していませんでした(笑)。私自身がオフライン人間で、何をするにもとにかく実際集まろうよという人なので。それがコロナを機にすっかり変わりました。東京近辺以外の地方の方や海外の方も参加してくださっているので、世界が一気に広がった感じです。オンラインフィットネスの参加者は東京よりも地方の方が確実に多いです。

-地方の方にとっても憧れの尾藤さんのレッスンを地元にいながらリアルタイムに受けられるというのはすごくメリットがありますよね。

月額980円にしているのも誰にでも参加しやすくっていうのが目的なので。朝晩のセッションを全部受けたら1セッション30円ぐらいになるんです。だから毎日でなくてもフランクに参加していただけるかなと思っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾藤朋美🏃‍♀️走れるトレーナー🏋️‍♀️#ともトレ(@tomomi_fitness)がシェアした投稿


-オンラインフィットネスの展開で、より発信力が高まったのではないですか。

Instagramなどで協賛の声をかけていただくことも多くなりましたね。私がいいなと思った物を皆さんにお勧めできる機会も増えてきました。the ANkoも大変お世話になっています。この商品は山に持って行くのにもいいし、すごく好きな味です。もっと広めていきたいと思っています。オンラインサロンの参加者さんも購入してくださる方がとても多くて、評判も上々です。

-逆にオンラインでのデメリットを感じる場面はありますか?

オンラインでパーソナルトレーニングもやっているんですが、自重+ヨガマットだけの環境だと物足りないことはあります。もちろんそれでもある程度のところまでできますが、もっと負荷をかけたいなとか。あとは画面に全身が映らないとか角度によっては見えないというときにちょっともどかしいことも。ただ、リアルの方ができることも多いけれどもオンラインの方が気軽で参加のハードルが下がるのは圧倒的なメリット。今後はオンラインでできる限りわかりやすく伝えられるようにするのが課題です。

-オンラインサロンに参加している方に多いのは運動経験者?それともこの機会に始めてみようという初心者?

元々運動していた方の方がずっと少ないんです!中田敦彦さんのオンラインサロンはビジネスサロンですが、ビジネスサロンでもフィットネスやランニングなどのアクティブなことをやろう、と呼びかけて実施しました。「高校の体育の授業以来です」っていう人もいるし、皆さんやってみたら楽しかったと言ってくれます。

  • オンラインサロンは日々のモチベーションを上げるのに最適

-私も含めて、トレーニングを続けられない初心者未満の人が続けるにはどうしたらよいでしょうか。

私のオンラインサロンもそういう方ばっかりですよ。まずは是非参加してみてください(笑)。私は”普段こんなことやってます”って色々発信しているんですが、普通の会社勤めの人にとっては非現実的に見えるかもしれません。朝晩トレーニングやって昼にランニングの練習をして、それだけ動いてればそりゃあいっぱい食べても太らないよねって思われるかもしれません。でもサロンに入ってる人達は皆さん普通の方です。主婦とか会社員とか。そういう普通の人たちが毎朝ちょっとずつやることによって体の変化を感じています。さらに私以外の人とも横のつながりで交流が深まっていくと、この人が頑張ってるから私も頑張ろうとか、周りが頑張ってるから私ももう一歩きついメニューやろうとか、引っ張られる部分があると思います

-集団というか、仲間としての効果ですね。

毎日ちょっと立ち上がって動くだけでも違うじゃないですか。それを無理やりじゃなくて習慣にしてみる。最初は眺めるだけでもいいし、準備運動やクールダウンだけでもいい。ちょっとずつできることを増やしていくような使い方でも全然いいと思います。”仲間”と”習慣”というのは強力なモチベーションになると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾藤朋美🏃‍♀️走れるトレーナー🏋️‍♀️#ともトレ(@tomomi_fitness)がシェアした投稿


-尾藤さん自身が”有言実行”の人という印象です。サブ3切ります、サハラマラソン優勝します、など明確に宣言をしますよね。それもモチベーションの上げ方なんでしょうか。

私はトレーナーになった時から「有名になりたい」など目標は全部言うことにしています。サハラマラソンも、砂漠のレースなんか出たことないし何言ってるんだって思われるかもしれないけれど、口に出すことによって自分も頑張れるし逃げられない環境になります。宣言すると周囲もそれに向けて応援してくれたり、自分もやるよと言う人が出てきたりするんです。

オンラインサロンでも「毎日ちょこっと有言実行しましょう」と呼びかけてチャレンジ企画を行なっています。家の掃除をする、本を読むなど運動以外のことでもいいんです。それをクリアできたらポイントゲット。ポイント貯まっても何もないんですけど(笑)。大きく目標を立てるのもいいですが、小さい目標をちょこちょこ達成できると嬉しいでしょう。フィットネスでも、例えば3キロ痩せるという目標を立てても3kg減らすの大変じゃないですか。今日は階段を登る、コーヒーのお砂糖を半分にするって決める→目標達成できた!という小さい達成感て大事なんですよ

-目標へ導くのがすごく上手ですよね。元保育士さんという経歴をお持ちですが、そのあたりのメソッドが役に立っているのでは。

そうかもしれないですね。保育士だから表現を大きくするのにも抵抗がないんです。オンラインだとボディランゲージを大きくする必要があるんですが、大人が全力で両手で丸して「オッケーでーす」みたいなの普通やらないでしょう(笑)。でもオンラインだとみんな大きく丸!ってやってくれる。お互い楽しいですよ。わかりやすく伝えることは常に意識しています。

  • トレーナー/アスリートとしての今後

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾藤朋美🏃‍♀️走れるトレーナー🏋️‍♀️#ともトレ(@tomomi_fitness)がシェアした投稿

-トレーナーとして、またアスリートとして、今後の目標をおしえてください。

正直インストラクターとしての経験はあまり豊富ではありません。だからそのぶん飾らずにありのままでいるようにしています。失敗しても、参加者さんたちは「朋美さんオッケー!」っていう感じで受け止めてくれます。私が明るく失敗すると、参加者さんが「自分も間違えてもいいんだ」と思ってくれるんです。トレーニングへのハードルを下げるとともに、私との距離も近くなります。

私はテレビやメディアにたくさん出て有名になりたい。もっといろんなことを発信したい。体を動かすことの楽しさをやってみたことのない人にやってほしい。そのきっかけになるような存在になりたいというのが大きな目標です。

健康寿命を伸ばすことが一番だと思っています。いくらバリバリ仕事ができても体を壊しちゃったら楽しめないですから。男性も女性も、見た目が健康的な方が自分をさらに好きになれますよね。とにかくポジティブなオンラインサロンを目指しています。皆がハッピーになれるようなコミュニティを作ってガンガン発信力を高めていきたいです。サハラマラソンもボディメイクもその延長線なんです。


飛んでくる石を恐れてあいまいな言葉ばかりが行き交うこの時代に、久しぶりに「海賊王に俺はなる!」ばりの明言をする女性が現れたという印象です。ただ、お話を聞くとその明言にもきちんとした根拠があり目的があり、それを実現するための緻密な計画がある。彼女のような一流のアスリートは総じて真面目で計画的、そして努力家。決してノリや雰囲気だけで思い切った発言をすることはないのです。尾藤さんのポジティブな姿勢は他人に向けたものではなく、「もっと自分を好きになるため」という自分に向けたメッセージ。オンラインサロンの皆さんの笑顔が輝いているのは、自分を好きになれた実感を彼女が与えてくれるからかもしれません。