カテゴリー
(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

あんこと旅するオーストラリア:飛んでるドーナツ編

こんにちわ。旅人まりーしゃです。私はバックパックひとつで世界を旅する身長152cmのミニマム女子。これまでに125カ国を周り、旅のコラムを書きながら日々のハイボールを楽しみに生きてます。えへ。

さて、今回も「theANko」をお供に「妄想旅」をはじめたいと思います。舞台は前回に引き続き、オーストラリア。

「レッツ theANko トラベル!」

それは、ワーホリで住んでいたことのあるオーストラリアに3年ぶりに再訪した時のこと。久しぶりに会う友人たちと、シドニーから車で3時間のジャービスベイを目指しました。到着すると、目の前には「世界一白い砂浜」としてギネス認定されているハイアムスビーチが広がった。ぎゃーす。世界にはこんなに綺麗な海があるんだね。あまりの美しさに大興奮です。

「世界一白い砂浜」と称されるハイアムス・ビーチ

ジャービスベイでは、スキューバやシュノーケルはもちろん、ドルフィンウォッチングや、季節によってはホエールウォッチングも出来る。見たかったな!(見てないんかーい!)。

クジラは見てへんけど(なぜか関西弁)、ビーチで泳いだ後は、国立公園でキャンプ。BBQでお腹を満たし、テントで一泊しました。

とにかく焼いただけのBBQ。地べたにダイレクトオン

自然の中で仲間たちと過ごす時間って最高だよね。友達に借りた寝袋はカビ臭かったけどさ…。

翌朝、浜辺のコーヒーショップでラテを買ったら揚げたてのフリードーナツが2つもついてきた。

マシンメイドの一口サイズのドーナツはその場で揚げられ、店主にトングで掴まれるとポンポンとジャンプしながら軽快にシナモンシュガーがまぶされる。そしてその勢いで白い紙袋へと飛び込んでいく。その姿はまるで「飛んでるドーナツ」と言っても過言ではない。

飛んでるドーナツ

ふんわり温かい出来立てのドーナツ。シナモンシュガーの甘みと鼻先をくすぐる海の潮風は妙にマッチして美味しかった。

「ああ、これにあんこが加わったら…」

世の中にはあんドーナツが存在するんだから、そりゃもう鉄板の味だよね。

妄想世界の中で私が味変を楽しんでいると、現地の人が「それなに?」って聞いてきた。

「これは”あんこ”という日本の伝統的なスイーツで、豆でできててノンファット。しかも東京の歴史のある空也っていう和菓子屋さんがプロデュースしているものなんだよ」

なーんて、得意げに説明する私(妄想)。

健康的で和のテイストを感じられる「theANko」は、外国の人にもきっと人気間違いなし。

海外でも自信をもっておすすめできる自慢のアイテムだわ!

旅人まりーしゃ(Instagram) バックパッカーで旅を続けるコラムニスト。渡航国の数は125カ国。週刊プレイボーイのニュースサイトで6年にわたり旅のコラムを連載。Sサイズモデルとしても活躍。

カテゴリー
(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

あんこと旅するオーストラリア:ターキッシュブレッド編

はじめまして。旅人まりーしゃです。私はバックパックひとつで世界を旅する身長152cmのミニマム女子。これまでに125カ国を周り、旅のコラムを書きながら日々のハイボールを楽しみに生きてます。

さて、そんな私に今回、素敵な旅のお供ができました!

あんこ」です。

あんこと飛び立・・・てる日はいつか来る

これまでの世界の旅はひとり旅の時間も多く、誰か旅友がいる時と比べるとちょっぴりさみしい時もありました。でももう大丈夫。私には「あんこ」がいるから。

名前は「theANko」っていうんだけど、そのコは軽くて甘くて優しいの。さらに銀座・空也さんプロデュースって聞いて、テンションあがったよね(明治17年創業の銀座の老舗和菓子店です!)。さっそくお口に含んだら、これまで和菓子との交流が少なかった私だけど、久しぶりに感じる和の素材の味に唾液ビシャーってなりました。

「お、おいしい…!」

そんなわけで初対面からすっかり仲良くなった「theANko」と共に、このコロナ禍でもできる「妄想旅」をはじめてみたいと思います。では、さっそく第一回。

レッツ theANko トラベル!

妄想旅なので、まずはあの時のことを思い出してみよう。

そう、オーストラリアのシドニーへ行った時のこと。オーストラリアは世界の中でもとても旅のしやすい国。先進国だし、言葉は英語だし、多民族国家で多様性のあるところなのでアジア人の受け入れにもわりと寛容なのね。きっとあんこも歓迎されるわ

今回は初発だから、無難なものから攻めてみよう。本日のお相手は…、

パン」です。

実は私オーストラリアのカフェで働いていたこともあって。それは世界一周の旅に出る前のワーホリ時代なんだけどね。そこで扱っていたパンの中でお気に入りだったのがこちら。

ターキッシュブレッド」

オーストラリアの定番ターキッシュブレッド
シドニーワーホリ時代に働いていたカフェ

ターキッシュと言ったらトルコだけど、これはオーストラリア版のそれ。日本ではあまりメジャーじゃないけれど、オーストラリアじゃド定番なのよ。これ、ホットサンドプレス機で押し焼きするとぺったんこでカリッカリになるの。それが美味しくて。

オーストラリアはカフェ文化が発達しているからパンは欠かせない存在。ターキッシュブレッドはホットサンドで食べられる事が多く、具材にはチキン&ルッコラだったり、スモークサーモン&クリームチーズだったり、シンプルにアボカド&ソルト&ペッパーなんかが人気でした。

きっとバター&「theANko」を乗せても最高だなって。ああ、想像したらヨダレ出た。日本でもあんぱんがあるくらいだから、美味しくないわけないよね!保証付のマッチングだわ。

theANko」はチューブ型だし、ミニマリストにもぴったりのサイズ感。バックパックの中に忍ばせても邪魔にならないのがいいよなぁ。しかもルックスもイケてるオシャレあんこだし。ああ、この先の旅も絶対楽しくなりそうっ!

ターキッシュブレッドってこんなに大きいんですよ!
旅人まりーしゃ(Instagram)
バックパッカーで旅を続けるコラムニスト。渡航国の数は125カ国。週刊プレイボーイのニュースサイトで6年にわたり旅のコラムを連載。Sサイズモデルとしても活躍。

カテゴリー
(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

新連載「(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅」のお知らせ

このtheANkoブログで10月から新連載が始まります。

(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅

まりーしゃさんはバックパッカーで旅を続けるコラムニスト。週刊プレイボーイで6年にもわたって旅のコラムを連載しています。(「旅人マリーシャの世界一周紀行 Blue Hunter」)また、Sサイズモデル(身長152センチ)でもあります。

まりーしゃさんがこれまで訪れた国は世界125か国。ちなみに”珍獣ハンターイモト”は今のところ118か国ですからね。個人で訪問した国数ではたぶん世界トップクラス。

彼女のインスタグラムやブログを読んでいると、さらりと近所をお散歩でもしているかのように軽やかに、様々な国を歩いている様子が伺えます。「ここが日本と違うね!」みたいなことを声高に指し示したりはしないし、インスタ映えのために表情を作ってフォトジェニックなスポットでポーズを決めたりもしない。

様々な国の人々の日常の隙間にスルッと溶け込んで、スルッと出ていく印象を受けます。

ここはここ、あっちはあっち、あなたはあなた、わたしはわたし。相手も自分もあるがままで尊重する姿勢は、現代に生きる私たちに極めて必要とされるもの。そうだった、相手は相手、自分は自分だよね、と彼女が思い出させてくれるのです。

また彼女の旅のスタイルでユニークなのが、世界各国に散らばる”旅友”の存在。行った先々の国で知り合った人たちを訪ねたり、別の国で落ち合って一緒に旅をしたり、ボーダレスです。

そんなハードルの高そうなことも、やっぱりまりーしゃさんは当たり前のようにさくっとやっています。読めば、この人は一体どんな人なんだろう?と絶対に興味が湧いてくるはずです。

そんなまりーしゃさんが、theANkoのためにコラムを書いてくれることになりました。「(仮)旅人まりーしゃの『あんこ』と世界妄想旅」。まりーしゃさんがこれまで世界各国を旅して食べてきた、たくさんの美味しいもの・珍しいものの中から、「これあんこに合うんじゃない?」と思うものを紹介してくれるコラムです。あくまで「合うんじゃない?」だから”妄想旅”。あんこしばりでどこまで行けるか未知数なので、(仮)もつけました。

むちゃぶりなのは承知の上です。
私たちはあんこ屋なのでこういうことにならざるをえないのですが、もちろんまりーしゃさんには「あんこに合うかどうか真剣に考えなくても構いません」とはお伝えしています。まりーしゃさんが紹介する世界各国の食べ物・日常・景色などだけでも十分に楽しんでいただけると思いますが、それに加えてあんこをどう絡ませるか、まりーしゃさんの腕が光ります。

10月第2週から月2回の隔週連載です。
実は私たちが一番楽しみにしています。
みなさまもどうぞお楽しみに!