カテゴリー
theanko アスリート メディア

NPCJフィジーク1位”サラリーマッチョ”ニッシーさんのYouTubeでthe ANkoが紹介されました

コロナで加速した、YouTuber百花繚乱の時代。一般の方であっても「語るべきなにか」を持っている人の言葉は響くし、逆にTVなどで知名度があったり、その分野の専門を掲げている人であっても気安くYouTubeに手を出したがためにメッキが剥がれてしまう人も多い。

会社勤めをしながら筋トレに励み、2019年 NPCJフィジーク名古屋および東京大会で1位獲得、トレーニングや食事を紹介するYouTubeチャンネル開設からわずか2ヶ月で登録者数11,400人(2020年6月時点)。

それが「サラリーマッチョ ニッシー」さん。
なんだこの”いい体の千葉雄大”みたいな人は。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NISSY カズ / サラリーマッチョ(@nissy_kaz)がシェアした投稿


脱いだらグラップラー刃牙だったし。

そんなイケメンサラリーマッチョさんが
”ワークアウトドリンク徹底解説”動画の中でthe ANkoを紹介してくださいました。
トレーニングの前中後と、それぞれにニッシーさんが最適と思うサプリメントを紹介。状況によって様々な種類のサプリメント(主にプロテイン)を使い分けていらっしゃるそうです。ニッシーさんはあんこ好きなこともあり、糖質補給のひとつとしてthe ANkoを愛用いただいているとのこと。

それにしても水も飲まずにがむしゃらにトレーニングしろという時代からみたら隔世の感があります。もはや筋肉は理論と科学で鍛える時代なのです。(the ANkoの「理論と科学」はこちらの調査結果をご覧ください。)

小耳に挟んだところニッシーさんはびっくりするような一流企業にお勤めのサラリーマン。たしかに、動画での話し方、まとめ方に一流の片鱗が見えます。動画に目次があるところとか(サラリーマンは資料に目次作っちゃうよね!)。
お顔を見たら「まあかしこそう」ってすぐわかるんですけど。。。

・・・あれ?もしかして有罪かな?
これはわかっててやってるな?しかも初犯じゃないな?

あざと可愛いは置いといて、彼の発信する情報量と情報の質には驚きます。
(「NISSYブログサラリーマッチョの筋トレ術」より )

すいません、ちょっと何言ってるかわからないです。と思ったところですかさず”調べると多くの情報がネット上に転がっていますが、あまり頭でっかちにならず、自分にはどんなトレーニング方法が合うかまずは実際に試して、検証していきましょう!”と最後に絶妙なフォローをしてくれるところがまたあざとい!

彼にとってはこのように学術的なブログもあくまで片手間に書いているもの。
まずトレーニングがあり。
Instagramに記事をあげて。
YouTube動画撮って。編集して。
オンラインパーソナルトレーニング指導をやり。

これだけでも立派な仕事と言えそうですが、彼はさらに

一流企業で一流サラリーマンとして一流の仕事をし、なんと料理も上手。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NISSY カズ / サラリーマッチョ(@nissy_kaz)がシェアした投稿


服もおしゃれ。
たぶんだけど絶対部屋も綺麗(↑ランチョンマット敷いてるから)。

死角が!死角が!

ひとり何役もの仕事をさらっとこなしているように見えて、ものすごい努力家なんでしょうねえ(そもそもああいう筋肉を作れる人はみんな努力家)。
「語るべきなにか」を両手いっぱいに持っているニッシーさん、これからも上質な情報発信をお待ちしています。

WEBサイト: NISSY BLOG
instagram:@nissy_fit24、@nissy_kaz

 

この投稿をInstagramで見る

 

NISSY カズ / サラリーマッチョ(@nissy_kaz)がシェアした投稿


やっぱりわかっててやってるな!ギャップ萌え狙いで有罪!

the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko

激レア”絹手亡”って?やんごとなき白あんの秘密

涙ぐむ白あん

突然ですがみなさんに質問です。あなたは今、評判のたい焼きを買うために並んでいます。メニューには定番のつぶあん・こしあん・白あんがあります。いざ注文というときお店の人が「申し訳ないのですが今日はおひとり様1個限りでお願いします」と言いました。さてあなたはつぶ・こし・白のうち、どのたい焼きを買いますか?

「つぶあんを選んだあなたの性格はこちら!」みたいなのを用意していたら面白かったかもしれませんが、残念ながら性格テストではありません。「あなたが一番好きなあんこの種類はどれ?」という話です。

ここで弊社のデータをご紹介しましょう。3種類あるthe ANkoのうち、最も売れているのはつぶあんです。次がこしあん。最後が白あん。割合にしたら6・3・1くらいでしょうか(感覚で)。というくらいつぶあん圧勝、白あんもう少し頑張りましょう(涙)な状態。

食べたらわかる うまいやつやん

ですが、お客様からしばしば耳にするのが「食べてみたら白あんが一番気に入りました」という声。「思っていた白あんの味と違いました」と言うのです。みなさんが思っている白あんて、あれじゃないですか。蜜っぽくてねっとりして、豆がちょっとエグくてそれを消すためにやたら甘くしてっていう。

そんな白あんしか知らない人生って、どうなんですか。私自身、the ANkoを食べてうわっ美味しいなと驚いたひとりですが、実は一番驚いたのは白あんでした。私が知っている白あんと全然違う、気品のあるさわやかな甘さと濃厚な豆の味。それでいて一切のエグみがなくするすると流れるように喉に入っていく快感。あなたカエルかと思っていたら実は王子様だったのねというくらいの驚きです。

激レア!絹手亡100%の白あん

まず一般の方が口にする白あんの原料は半分以上がベビーライマやバタービーンズといった輸入品です。なぜなら国産白インゲン豆は高いから。そして少ないから
the ANkoはその希少な国産白インゲン豆の中でも更に希少な「絹手亡(きぬてぼう)」という豆を100%使います。十勝地方のいんげん豆作付け面積割合というデータをみると、絹手亡の畑はインゲン豆全体の3.3%しかありません(平成28年)。

絹手亡はあんこにするとうっすらピンクベージュになって美しいのですが、色味が重要な和菓子の世界ではあんを白くするためにあまり単独では使われません。バタービーンズなど色の白い豆を混ぜて使われることがほとんどです。

私たちのthe ANkoは色はあまり関係ないので、100%絹手亡の白あんを作ることができました。これはあんこ業界的にはかなりレアなことなのだそうです。そこでほとんどの方が初めて食べる100%絹手亡の味に驚く、というわけです。

ご自分でも絹手亡の白あんを作ってみたいと思われる方がいるかもしれませんが、このように希少な豆なので一般の乾燥豆として市場に出回ることはほぼありません。ぜひthe ANkoで100%絹手亡のすごさを味わってみてください。

the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko アスリート メディア

BIG HIDE CHANNELでthe ANko

山岸秀匡さんといえば、このthe ANkoブログでもロングインタビューさせていただいた、ボディビル界のレジェンドでありいまも第一線で活躍するトップアスリート(米ラスベガス在住)。

山岸秀匡さんインタビュー「パワーと筋肉が欲しかったら炭水化物を怖がるな」

そんな山岸さん(以下愛称の「BIG HIDE」と呼ばせていただきます)のYouTubeチャンネルが最近注目を集めています。

BIG HIDEならではの実践的なメソッドや知識が得られることはもちろんですが、彼のあたたかい、なんとも可愛らしい人柄がにじみ出ていて、それに癒される人が続出しているのです。岩のような大男をつかまえて「可愛い」というのも変ですが、もうねー、なんというかねー、それ以外言いようがないんですよー。見たらわかりますよー。

ちょうど最新の動画で、the ANkoを使ったスイーツを紹介しているので、それを一緒に見ていきましょう。BIG HIDE CHANNNELの中でも人気シリーズ、「HIDE’S KITCHEN」です。

はいボーン。
これがコメント欄で一部のファンから「裸エプロン」と呼ばれるBIG HIDEの赤エプロン。裸ではないんですが十分にセクシーですね。そして彼の足元にいるのが愛犬さくら。料理やトレーニングをするBIG HIDEの傍でときに従順に、ときに愛嬌を振りまくさくらも大人気。もはやBIG HIDE CHANNELになくてはならないアシスタントです。

そんな二人が今回作るのは「プロテインパンケーキ」。奥様、メモのご用意はよろしいですか?

ちなみにパンケーキミックスとはもちろん「プロテインが強化されたそれ用のパンケーキミックス」のこと。

「みなさんもぜひお試しください」的な気持ちはないと見ました。

見た目とは裏腹にBIG HIDEは几帳面です。材料もちゃんと計量カップで測ります。

計量カップ史上最も太い腕で掴まれた瞬間です。

エッグホワイト(卵白だけが牛乳パックに入っている商品)という日本ではまずお目にかからない材料を何の躊躇もなく使うラスベガス在住のBIG HIDE

そしてせっかく計量カップで測ったのにちょっと水っぽいからと目分量で粉を足すBIG HIDE

いよいよ焼いていきます。美味しそうに膨らんできました。ひっくり返すタイミングはいつかという話で、表面の気泡のことを

ボツボツ言うなーー

料理の世界では食欲が増すように”プツプツ”とか”プクプク”とか、可愛く表現しなきゃいけないのに

ボツボツって言うなーー

フォローするわけではありませんが、”パンケーキをひっくり返すのがとっても上手だ”とコメント欄でほめられていたことは付け加えておきます。

さあパンケーキも焼けていよいよ盛り付けです。これまでの経緯があるから余計ドキドキします。ここでようやく弊社の商品「the ANko」の登場です。ちゃんと商品がよく見えるように紹介してくださっています。BIG HIDE、ありがとう。

絞り方ーーーーーー
もうちょっとなんとかーーーー

ところが出来上がりを見てみると

あれ?なんか美味しそうになってる!これがBIG HIDE MAGIC!(ミックスベリーを凍ったままのっけていることは動画でご覧ください)

こんな感じの愉快な、そして役に立つ動画がたくさんあるので、マッスル方面に興味のある方もない方も楽しめるはずです。ぜひチャンネル登録してみてください。

BIG HIDE CHANNNEL

the ANkoネットストアはこちら

 

 

カテゴリー
theanko

the ANkoが血糖値を最適なレベルで維持することが判明

我々はthe ANkoをスポーツ用あんこと銘打って発売していますが、「なぜあんこなの?」「あんこの何がいいの?」という質問を受けることがあります。メディアからの取材を受けたときには特にそう言われます。みなさん「糖質補給をあんこでする必要性がどこにあるのか」という答えを求めるのにとても熱心です。

一方でthe ANkoを購入してくださっているアスリートたちはもっと純粋です。「あんこが好きだから」「the ANkoは美味しいから」それだけの理由で購入される方がほとんどです。ありがたいことです。

そもそもtheANkoを購入してくださるアスリートは健康やからだのことに意識が高い方が多いです。というのも、「運動前や運動後に糖質が不足すると筋肉が減ってしまうし、パフォーマンスが落ちる」ということをすでに知っている人たちだからです。必要不可欠な糖質補給の手段のひとつとしてthe ANkoを選択しているのです。

糖質補給をするべきなら、美味しければそれでいいじゃないか。それ以上のことなんてあるだろうか。我々もそう思っていました。しかし売っている方の我々ですら、あんこをみくびっていたのです。

同じ量の糖質を補給したいなら砂糖や白米でもいいんでしょ、あんこと他の糖質と何が違うの、という問いに対してエビデンス(実験結果)を持ってきてくださったのが至学館大学健康科学部健康スポーツ科学科髙橋淳一郎教授

髙橋教授はthe ANkoが発売される以前から、腹持ちがいいのにお腹が膨れない、満足感がある、というあんこの特色に注目していたそうです。

今回髙橋教授の協力を得てあんことスポーツドリンクの血糖値比較調査を行いました。トレーニング直後にthe ANkoを飲んだ場合とスポーツドリンクを飲んだ場合を比較したところ、the ANkoの方が血糖値が高い状態を何時間も維持できました。

いままで我々が感覚として持っていた「あんこの腹持ちの良さ」がデータで実証されたのです。

血糖値が100〜120の状態というのは体が最も”快適に動ける”数値。その数値を維持することで、筋肉にグリコーゲンが満たされた状態を維持する。それにより筋肉の破壊も起こらず、糖質不足でフラフラの状態になることもなく、パフォーマンスにも、結果にもいい影響を与える。

the ANkoを選んでくださっている皆さんにぜひお伝えしたい。「あんこは美味しい」だけではなかったんです。

あなたのトレーニングを細胞レベルで応援するサプリ、それがthe ANkoです。

調査結果をまとめたスライドをご覧いただけます。運動と糖質の関係について詳しく知りたい方は、ぜひ。

the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko アスリート

雪山でもthe Anko – Nob Mizusawaさんによるレビュー

the ANkoが製品化されたときから、ずっと思っていました。

誰か雪山で食べてくれないかと。

the ANko

話としてはときどき耳に入っていました。the ANkoを置いてくださっている山荘の方からも、「買ったお客さんたちがその場でおしるこにしている」という話を伺ったりしていたので。

私自身、ハイキングレベルですがときどき山登りをしており、the ANkoの山でのポテンシャルに関しては疑いようもなく高い、と思っていました。

ポケットに入る。手が汚れない。リキャップできる。十分な量の糖質補給。歩きながら飲める。どこでも飲める。好きにアレンジもできる。こんなに山で飲むのに適した食料があったでしょうか。

と思っていたら、実際に雪山に持って行ってレビューしてくださった方がいました。

登山愛好家でスキー愛好家のNob Mizusawaさん。弊社がサポートするアイスクロスの鈴木雅仁選手からthe ANkoを紹介され、試してくださったそうです。

青い空に真っ白な雪。ひと気のない静かな山の中で雪を踏むザッザッという音だけが聞こえる。そんな素敵な映像とともにthe Ankoを紹介してくださっています。

Nobさんは「凍らない」ということも指摘していました。糖分が入っているから凍らないのが便利だと。実際に雪山に持って行ったからこその感想です。

山登りをされる方、試しに、山に持っていって超絶便利なthe Ankoの良さを山で体感してください。単純に、休憩のときあんこがあると思うとすごくうれしいはずです。あ、あとひとつ山でいいところ。飲み終わったら小さくなります。

the ANkoネットストアはこちら