カテゴリー
theanko

激レア”絹手亡”って?やんごとなき白あんの秘密

涙ぐむ白あん

突然ですがみなさんに質問です。あなたは今、評判のたい焼きを買うために並んでいます。メニューには定番のつぶあん・こしあん・白あんがあります。いざ注文というときお店の人が「申し訳ないのですが今日はおひとり様1個限りでお願いします」と言いました。さてあなたはつぶ・こし・白のうち、どのたい焼きを買いますか?

「つぶあんを選んだあなたの性格はこちら!」みたいなのを用意していたら面白かったかもしれませんが、残念ながら性格テストではありません。「あなたが一番好きなあんこの種類はどれ?」という話です。

ここで弊社のデータをご紹介しましょう。3種類あるthe ANkoのうち、最も売れているのはつぶあんです。次がこしあん。最後が白あん。割合にしたら6・3・1くらいでしょうか(感覚で)。というくらいつぶあん圧勝、白あんもう少し頑張りましょう(涙)な状態。

食べたらわかる うまいやつやん

ですが、お客様からしばしば耳にするのが「食べてみたら白あんが一番気に入りました」という声。「思っていた白あんの味と違いました」と言うのです。みなさんが思っている白あんて、あれじゃないですか。蜜っぽくてねっとりして、豆がちょっとエグくてそれを消すためにやたら甘くしてっていう。

そんな白あんしか知らない人生って、どうなんですか。私自身、the ANkoを食べてうわっ美味しいなと驚いたひとりですが、実は一番驚いたのは白あんでした。私が知っている白あんと全然違う、気品のあるさわやかな甘さと濃厚な豆の味。それでいて一切のエグみがなくするすると流れるように喉に入っていく快感。あなたカエルかと思っていたら実は王子様だったのねというくらいの驚きです。

激レア!絹手亡100%の白あん

まず一般の方が口にする白あんの原料は半分以上がベビーライマやバタービーンズといった輸入品です。なぜなら国産白インゲン豆は高いから。そして少ないから
the ANkoはその希少な国産白インゲン豆の中でも更に希少な「絹手亡(きぬてぼう)」という豆を100%使います。十勝地方のいんげん豆作付け面積割合というデータをみると、絹手亡の畑はインゲン豆全体の3.3%しかありません(平成28年)。

絹手亡はあんこにするとうっすらピンクベージュになって美しいのですが、色味が重要な和菓子の世界ではあんを白くするためにあまり単独では使われません。バタービーンズなど色の白い豆を混ぜて使われることがほとんどです。

私たちのthe ANkoは色はあまり関係ないので、100%絹手亡の白あんを作ることができました。これはあんこ業界的にはかなりレアなことなのだそうです。そこでほとんどの方が初めて食べる100%絹手亡の味に驚く、というわけです。

ご自分でも絹手亡の白あんを作ってみたいと思われる方がいるかもしれませんが、このように希少な豆なので一般の乾燥豆として市場に出回ることはほぼありません。ぜひthe ANkoで100%絹手亡のすごさを味わってみてください。

the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko アスリート メディア

BIG HIDE CHANNELでthe ANko

山岸秀匡さんといえば、このthe ANkoブログでもロングインタビューさせていただいた、ボディビル界のレジェンドでありいまも第一線で活躍するトップアスリート(米ラスベガス在住)。

山岸秀匡さんインタビュー「パワーと筋肉が欲しかったら炭水化物を怖がるな」

そんな山岸さん(以下愛称の「BIG HIDE」と呼ばせていただきます)のYouTubeチャンネルが最近注目を集めています。

BIG HIDEならではの実践的なメソッドや知識が得られることはもちろんですが、彼のあたたかい、なんとも可愛らしい人柄がにじみ出ていて、それに癒される人が続出しているのです。岩のような大男をつかまえて「可愛い」というのも変ですが、もうねー、なんというかねー、それ以外言いようがないんですよー。見たらわかりますよー。

ちょうど最新の動画で、the ANkoを使ったスイーツを紹介しているので、それを一緒に見ていきましょう。BIG HIDE CHANNNELの中でも人気シリーズ、「HIDE’S KITCHEN」です。

はいボーン。
これがコメント欄で一部のファンから「裸エプロン」と呼ばれるBIG HIDEの赤エプロン。裸ではないんですが十分にセクシーですね。そして彼の足元にいるのが愛犬さくら。料理やトレーニングをするBIG HIDEの傍でときに従順に、ときに愛嬌を振りまくさくらも大人気。もはやBIG HIDE CHANNELになくてはならないアシスタントです。

そんな二人が今回作るのは「プロテインパンケーキ」。奥様、メモのご用意はよろしいですか?

ちなみにパンケーキミックスとはもちろん「プロテインが強化されたそれ用のパンケーキミックス」のこと。

「みなさんもぜひお試しください」的な気持ちはないと見ました。

見た目とは裏腹にBIG HIDEは几帳面です。材料もちゃんと計量カップで測ります。

計量カップ史上最も太い腕で掴まれた瞬間です。

エッグホワイト(卵白だけが牛乳パックに入っている商品)という日本ではまずお目にかからない材料を何の躊躇もなく使うラスベガス在住のBIG HIDE

そしてせっかく計量カップで測ったのにちょっと水っぽいからと目分量で粉を足すBIG HIDE

いよいよ焼いていきます。美味しそうに膨らんできました。ひっくり返すタイミングはいつかという話で、表面の気泡のことを

ボツボツ言うなーー

料理の世界では食欲が増すように”プツプツ”とか”プクプク”とか、可愛く表現しなきゃいけないのに

ボツボツって言うなーー

フォローするわけではありませんが、”パンケーキをひっくり返すのがとっても上手だ”とコメント欄でほめられていたことは付け加えておきます。

さあパンケーキも焼けていよいよ盛り付けです。これまでの経緯があるから余計ドキドキします。ここでようやく弊社の商品「the ANko」の登場です。ちゃんと商品がよく見えるように紹介してくださっています。BIG HIDE、ありがとう。

絞り方ーーーーーー
もうちょっとなんとかーーーー

ところが出来上がりを見てみると

あれ?なんか美味しそうになってる!これがBIG HIDE MAGIC!(ミックスベリーを凍ったままのっけていることは動画でご覧ください)

こんな感じの愉快な、そして役に立つ動画がたくさんあるので、マッスル方面に興味のある方もない方も楽しめるはずです。ぜひチャンネル登録してみてください。

BIG HIDE CHANNNEL

the ANkoネットストアはこちら

 

 

カテゴリー
theanko

the ANkoが血糖値を最適なレベルで維持することが判明

我々はthe ANkoをスポーツ用あんこと銘打って発売していますが、「なぜあんこなの?」「あんこの何がいいの?」という質問を受けることがあります。メディアからの取材を受けたときには特にそう言われます。みなさん「糖質補給をあんこでする必要性がどこにあるのか」という答えを求めるのにとても熱心です。

一方でthe ANkoを購入してくださっているアスリートたちはもっと純粋です。「あんこが好きだから」「the ANkoは美味しいから」それだけの理由で購入される方がほとんどです。ありがたいことです。

そもそもtheANkoを購入してくださるアスリートは健康やからだのことに意識が高い方が多いです。というのも、「運動前や運動後に糖質が不足すると筋肉が減ってしまうし、パフォーマンスが落ちる」ということをすでに知っている人たちだからです。必要不可欠な糖質補給の手段のひとつとしてthe ANkoを選択しているのです。

糖質補給をするべきなら、美味しければそれでいいじゃないか。それ以上のことなんてあるだろうか。我々もそう思っていました。しかし売っている方の我々ですら、あんこをみくびっていたのです。

同じ量の糖質を補給したいなら砂糖や白米でもいいんでしょ、あんこと他の糖質と何が違うの、という問いに対してエビデンス(実験結果)を持ってきてくださったのが至学館大学健康科学部健康スポーツ科学科髙橋淳一郎教授

髙橋教授はthe ANkoが発売される以前から、腹持ちがいいのにお腹が膨れない、満足感がある、というあんこの特色に注目していたそうです。

今回髙橋教授の協力を得てあんことスポーツドリンクの血糖値比較調査を行いました。トレーニング直後にthe ANkoを飲んだ場合とスポーツドリンクを飲んだ場合を比較したところ、the ANkoの方が血糖値が高い状態を何時間も維持できました。

いままで我々が感覚として持っていた「あんこの腹持ちの良さ」がデータで実証されたのです。

血糖値が100〜120の状態というのは体が最も”快適に動ける”数値。その数値を維持することで、筋肉にグリコーゲンが満たされた状態を維持する。それにより筋肉の破壊も起こらず、糖質不足でフラフラの状態になることもなく、パフォーマンスにも、結果にもいい影響を与える。

the ANkoを選んでくださっている皆さんにぜひお伝えしたい。「あんこは美味しい」だけではなかったんです。

あなたのトレーニングを細胞レベルで応援するサプリ、それがthe ANkoです。

調査結果をまとめたスライドをご覧いただけます。運動と糖質の関係について詳しく知りたい方は、ぜひ。

the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko インタビュー

あんこと私(2)「あんこが僕の生きがいを守ってくれた」

小さい頃、学生時代、旅先で、日常で、家族と、友人と。
あんこにまつわる思い出は、それぞれの人の数だけ。
ここぞという場面でのエネルギー源としてもあんこはあなたを支えています。

各界のあんこ好きに、とっておきの”あんこエピソード”を聞いていくシリーズの第2回目。
今回は医師でもあるYさん。
病気で胃を全て摘出したあとのエネルギー源としてあんこを活用されています。あんこのおかげで大好きなゴルフも精力的に楽しめるとのこと。

●Yさん・67歳 医師

数年前に病気で胃を全摘したのですが、今こうやって元気で過ごせるのもゴルフのおかげだと思います。
週3日コースに出るほどのゴルフ好き。
ただ、胃を取ったので栄養を貯めづらくなってしまった。
たくさん食べられないからすぐ血糖値が下がっちゃうんです。
エネルギーの備蓄ができないので、プレイ中もひっきりなしに栄養補給します

ポケットにアンパンを忍ばせて、ひとつ打ったらアンパンをひとかじり、次打ったらまたひとかじり、とやっています。
おかげで一緒に周っている人に「アンパンマン」なんてあだ名をもらいました。
あんこは昔から大好きですし、すぐエネルギーに代わる糖質としても、プレイ中に持ち運びしやすい食べ物としても最適です。多少かさばりますけどね。

半分くらい周ったところでモグモグタイムと称して休憩をとるのも習慣です。クラブハウスでの僕の定番はおしるこ。アンパンの後でもです。
クラブハウスのスタッフは、僕がプレーしてるのを見かけると、僕が寄るであろう時間を見計らって温かいお茶を用意してくれるんです。その心遣いがうれしくてつい毎回寄ってしまう。

温かいお茶とおしるこでエネルギーを補充して、またコースに戻ります。日々大好きなゴルフができることに感謝して過ごしています。

→→→the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko アスリート インタビュー

山岸秀匡さんインタビュー「パワーと筋肉が欲しかったら炭水化物を怖がるな」

数々の輝かしい実績を誇るボディビル界のトップアスリート、山岸秀匡さん。アメリカに拠点を移してすでに10年以上になるが、意外にも「あんこ」は今でも山岸さんにとってなくてはならない重要な食材なのだそう。山岸さんとあんことの関係、体づくりの秘密を聞きにロサンゼルスの山岸さんを訪ねてきた。

山岸秀匡:日本人で初のIFBBプロ・ボディビルダー。愛称はBIG HIDE、身長168㎝。2006年からミロス・シャシブ氏に師事。
2016年 アーノルド・シュワルツェネッガーが主催する「IFBBアーノルド・クラシック212」に日本人で初めて優勝。
2007年よりプロ・ボディビル界の最高峰の大会とされる「ミスターオリンピア」に通算9回出場し、2015年3位、2019年に8位入賞。2020年の大会にも10回目の出場が決定している。名実ともに、日本のみならず世界のボディビル界で長年トップを走り続けるアスリートである。Instagram(@hideyamagishi) / YouTube(Hidetada Yamagishi) /facebook(Hidetada Yamagishi IFBB Pro) /twitter(@HideYamagishi)

炭水化物を怖がるな
—トレーニング前・中・後が吸収が早い

「トレーニング中に炭水化物を摂取する」ことは私とミロス(*)が提唱しているメソッドです。炭水化物が大事なのは誰でも知っていることだと思っていたのですが「砂糖をとると太るんじゃないか」と恐れる人がいまだに多いのも事実。

*ミロス・シャシブ:IFBBプロボディビルダーとして活躍後数々の有名選手を育て上げた世界的トレーナー。山岸は2006年からミロスに師事している。

パワーと筋肉をつけようとする選手はそれを恐れていたら発達はないよ。トレーニングの前・中・後というのは一番吸収が早いときなんだから。そこで問題になるのは「どんな糖分をとるか」だね。

カーボパウダーとかクラスターデキストリンとか市販されているものは色々ありますが、人工的に糖分を入れただけのものだと、ある程度以上食べると僕の場合は下痢をしてしまう。いかに吸収のいい炭水化物をとるかにずっと腐心していたので、”あんこ”という方法を見つけたときは「これはいい!」と思いましたね

あんこをメソッドに取り入れる
—かさが少なく吸収も早い

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Olympia 2019 #unleashthedragonwithin #thewayofsamurai #bushido @profitnessphotos @npcnewsonlineofficialpage

Hidetada Yamagishi(@hideyamagishi)がシェアした投稿 –

あんこを食べ始めたきっかけはコンテストの前のカーボローディング(*)からです。

*カーボローディング:脂肪よりも素早く運動エネルギーに変わるグリコーゲンを平常時よりも多く体に貯蔵するための運動量の調節および栄養摂取法のこと。競技日の数日前に炭水化物を大量に摂取することでグリコーゲンを最大限体に貯蔵して高いパフォーマンス得る方法が一般的。

3~4日間炭水化物をゼロに近いくらいカットした後、コンテストの2,3日前から炭水化物を大量にとって筋肉を張らせる調整法(パンプアップ)があります。

いくつかの食材を試した中であんこが一番体に合っていた。炭水化物も尋常じゃない量を食べないといけないので、ご飯だとかさが多くて食べきれない。 

あんこならかさが少ないから食べられるし、体への吸収も良いことがわかりました。実は、経験を重ねてこういうことがわかったのは、ほんの2、3年前のことです。

どのくらいの量のあんこに何グラム糖分が入っているか知りたかったから、自分で量って作ろうとしたんだけど、失敗しちゃってうまくいかなかった。結局日系のスーパーに売っているあんこを買って食べていました。そうすると業務用みたいなでっかい容器のあんこしか売っていないんだよね。そんなにいっぺんにたくさん食べられるもんじゃないから結局全部食べられなくて無駄にしちゃった。
「the ANko」みたいに食べきりサイズだと便利ですよね。

トレーニングとインスリン
—トレーニング中から筋肉を増やす

血糖値が高くなることによって体がインスリンを出しますよね。インスリンが出ててるときというのは、体がアナボリック(*)、つまり栄養素を細胞に取り入れようとしている状態になっているということ。

*アナボリック:この場合、筋肉など身体の組織が新しく合成されることを指す。ドーピング薬剤として知られる「アナボリックステロイド」は外界より摂取した物質から蛋白質を作り出す作用、すなわち蛋白同化作用を有するステロイドホルモンの総称である。

ミロスの考え方は「トレーニング中にアナボリックな状態にして筋肉を増やす」というものなんです。

これまでは、「トレーニング中は筋肉を壊す→トレーニング後にインスリンを上げて回復する」というものでしたが、ミロスの理論は「トレーニング中から筋肉を増やす」なんです。

なので僕は「トレーニング中にインスリンを刺激して血糖値を上げる→動いている筋肉に栄養を取り込ませる」という方法をとっています。

そういう自分の経験があるから、「the ANko」のような形であんこがスポーツの現場で取りやすくなったっていうのは、これは革新的な商品なんじゃないかな。あんこは歴史のある食べ物だけれども、この形にしてスポーツ中に摂れるようになったというだけでも十分革新的だよね。

炭水化物と上手に付き合う
—持久力への影響

「the ANko」の炭水化物量が50gくらいっていうのはちょうどいいですね。その人それぞれの体重にもよるけれども、自分もだいたい50gくらいからカーボローディングを進めている。

トレーニングの前・中・後で50gずつ摂ればいいんじゃないかな。トレーニング中は時間をかけて少しずつ食べるんだけれども、この形だとそれもしやすいから。

僕は基本的にプロテインはあんまり飲まないんです。必要な栄養素は食べ物で摂るから。ただトレーニングの前や最中はドリンクじゃないと難しい。食べた直後からトレーニングできないからね。
トレーニングの後も、固体を食べるよりは液体のほうが吸収が早いから、その意味でも「the ANko」はいいと思うよ。

30分以上競技時間があるような持久系のスポーツはどんどん血糖値が低くなっちゃう。そうするとパフォーマンスが落ちるので、競技中にうまくこういう栄養補給を取り入れていくべきだ。何より持久力に影響するから。

The ANkoの広がる可能性
—単純に美味しいから海外でもウケると思うよ

あんこというのは日本独特の食品だと思うんだけど、コンテストのバックステージで羊羹とか食べていると意外に他の選手から興味を持たれますね。「何食べてるんだ」って言うからおすそ分けするとこれが結構評判いい。「チョコレートの日本版だね」って。

日本伝統のあんこがこういう取りやすい形になったことで、バックステージでみんなが「the ANko」を摂るっていう時代が来るんじゃないかな。

コンテストの前には塩分をコントロールする必要もあるんです。塩分が必要な人もいるし絶対とりたくないという人もいる。足りなければ自分で足せばいいので、「the ANko」のように塩分がゼロだとコントロールできるからありがたい。

ー聞き手:「つぶあんだと歯に付くからコンテスト直前だと気になる」って人もいたんですけど

口をゆすげば良いじゃないか?(笑)
あんこだからもちにも合うよね。もち自体もかさが少ない炭水化物でカーボローディングにはよく使ってますよ。

ー聞き手:the ANkoを開発した空也の山口さんは実はこういう商品を作って海外進出したいと10年も考えていたんです。だけど海外の人たちには「あんこ」が受け入れがたいという壁があってずっと実現できなかった。海外には甘く味付けした豆はないですから。
でもスポーツをやっている人たちなら、パフォーマンスのためだったら食べてくれるんじゃないかと思ったんです。アスリートなら壁を壊してくれるんじゃないかと。

あんこが豆っていう認識は正直なかった、そういえば豆だね(笑) 海外でもあんこはみんな知ってるよ。アズキビーンズって言いますから。だけどみんな「あんこ=豆」っていう印象はないと思う。寿司屋に行ったらデザートであんこがあるので、そんなに奇異に感じるものではないはずです。

アメリカ人もこのままカーボドリンクとして飲むことに抵抗はないんじゃないかな。持久系スポーツ、たとえばサイクリングとかマラソン。登山も。でもスポーツに関係なく、美味しいからウケると思うよ。
アメリカはパックに入ったドリンクをあんまり見ない。単純に、お菓子として人気が出るんじゃないかと思います。

貴重な体験談やメソッドを惜しげも無く披露してくださった山岸選手。ボディビルは日々の生活も競技の延長となる過酷なスポーツですが、絶え間ない節制と努力を当たり前のことのように淡々と語ってくれた姿が印象的でした。

the ANko ネットストアはこちら