カテゴリー
theanko アスリート インタビュー

トレーニングとあんこと私(4)トレーニングの前中後に体重の0.05%の糖質を

小さい頃、学生時代、旅先で、日常で、家族と、友人と。
あんこにまつわる思い出は、それぞれの人の数だけ。
ここぞという場面でのエネルギー源としてもあんこはあなたを支えています。

各界のあんこ好きに、とっておきの”あんこエピソード”を聞いていくシリーズの第4回目。
今回は男性ボディビルダーのSさん。

●Sさん・40代男性・ボディビルダー

ここ数年ですが、ボディビルダーの大会で本番前に羊羹やあんこの缶詰などを目にする機会が多いなあと感じます。筋肉へのあんこの活用をみなさん工夫しているようです。

本番前に筋肉を張らせる(パンプアップ)目的で、吸収の早い糖分を一気に摂取します。このときお腹が膨らんでしまう食べ物はNGなので、かさの割に糖分の多いあんこはちょうどいいのです。うどん一杯とthe ANko1個の糖質はほぼ同じ。うどんだとお腹パンパンになりますけどthe ANkoなら軽いですからね。

トレーニングの前中後に体重の0.05%ずつの糖質を摂るというメソッドが定着してきていて、たしかに筋肉を維持しやすいという実感があります。
the Ankoはどの種類も糖質がほぼ50g。それにタンパク質が5g。計算しやすくて便利ですね(笑)

トレーニング中の補給食というものは、やはり運動中なので胃に負担にならず、すぐエネルギーになってくれること、食べやすいことが重要です。その点であんこは特に優れていると感じます。

一度、コンテスト直前に栄養補給に失敗して両足がつってしまったことがありました。「エネルギーを切らさないように補給し続けるんだ」と他の出場者にアドバイスされ、それ以来糖質切れには気をつけています。

あんこはトレーニング後のリカバリー食としても優秀です。疲労した筋肉に糖分を与えてやるつもりで食べています。ボディビルダーとはいえ、甘いものを渇望する瞬間というのは必ずあるので、そこでは洋菓子ではなく和菓子を選ぶようにしています。脂質をなるべく摂りたくないのと、和菓子は少量でも満足感があるからです。

トレーニングに行く前にはコンビニで和菓子を買っておいて、「今日は終わったらあれが食べられる」と考えながらトレーニングしたりもします(笑)。トレーニング後だから絶対太らないだろうと安心して食べます。”今日のご褒美”的な存在です。

→→→the ANkoネットストアはこちら