カテゴリー
アスリート インタビュー

第8代フェザー級キングオブパンクラシスト・ISAOさんインタビュー

theANkoが応援するアスリートの皆さんをご紹介するインタビューシリーズ。今回は現役のパンクラス(総合格闘技)チャンピオンのISAOさんをご紹介します。
格闘技のチャンピオンなんてどんな荒ぶる神がやってくるかと思ったら、腰の低い丁寧な物腰のとんだ好青年が手土産にスイーツ(焼き菓子詰め合わせ)まで持って来ました。そんな”めっちゃいい人”ISAOさんのインタビューです。

ISAO
1988年生まれ宮城県古川市(現、大崎市)出身。幼い頃より柔道を学び、高校時代は岩手県高校総体73kg級で優勝。2009年、プロ総合格闘家としてデビュー。パンクラス階級はフェザー級。
主な戦績は
第15回ネオブラッド・トーナメント優勝、パンクラス・ライト級GP優勝、第8代フェザー級キングオブパンクラシスト

●まずはこれまでの経歴を教えて下さい。

出身は仙台の近くの古川市(現、大崎市)というところです。長く柔道をやってきて、高校ではインターハイに出場して岩手県で73kg級で優勝しました。そうしたら柔道で燃え尽きたようになってしまって。元々格闘技が好きだったのでやってみようかなと総合格闘技を始めたらいつのまにかプロになってました。

・いつの間にかプロ、いつの間にかチャンピオンというのが神の子っぽいですが、「パンクラス」というのはどういう競技なんですか。

競技としては総合格闘技で、パンクラスは団体名です。団体によって色々OKなものNGなものが違いますが、パンクラスは打撃、組技、投げ技、寝技もOK。大まかに言うとなんでもあり(笑)。パンクラスは知名度的には高いように思いますが、自分はチャンピオンでも実際それだけで生活のすべてをまかなうのは難しい。静か〜に活動していたのでYou Tubeなどの露出はあまりしていなくて、自虐で「知る人ぞ知るチャンピオン」と言っています(笑)。

所属ジムは門前仲町にあるNEVERQUITです。パンクラスは長い歴史のある団体で、昔から憧れがありました。試合を見ていると選手たちひとりひとりの生き様とか気持ちが伝わってくるような気がしたんです。たまらなく引き寄せられるものがありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ISAO KOBAYASHI🇯🇵(@isao1303)がシェアした投稿


・選手として総合格闘技の魅力はどこですか。

さっき言った「可能な技が多い」というのがまず魅力です。いろんなことができるというところ。やっぱり格闘技をしてるときが一番楽しい。なんでそんな辛いことやるのってよく聞かれますけど、やっぱり好きだから、としか言えない。パンクラスをやっているときの自分が一番自分らしいです。

得意は打撃です。薄いグローブを一応つけているけれどもほぼ素での殴り合いになりますね。ルールとしては急所と後頭部以外はどこを殴ってもだいたいOKになっています。試合中はアドレナリンが出てるんであんまり痛いと思わないんですが、過激な競技ではあると思います。試合中に血が出ることは普通ですし。

大きな怪我はあんまりしてないですけど小さい怪我はちょいちょいあります。(「格闘家の人の言う小さい怪我って小さくないことが多いですが」と聞くと)靭帯損傷とか眼瞼骨折も何度か。(「やっぱり小さくない!」)

・食事について伺います。格闘家といえば減量がつきものですが、減量メソッドなどあったらぜひ教えて下さい。

格闘家といっても僕は食べる量はそこまで多くないです。普段の体重は76キロくらいですが、試合では65.8kgまで落とす必要があって、これ以上太ると落とすのが大変なのであまり食べすぎないように気をつけています。

だいたい2ヶ月くらいかけて10kg落とします。でもトレーニングしながらだから食べないわけにはいかない。毎回試行錯誤です。
上京してからずっと自炊です。筋肉を残して脂肪を落とすのが基本なので、脂肪と砂糖、特に洋菓子は厳禁です。摂る油の質は気にしますね。サラダ油のような安い油は避け、肉の脂もあんまりこってりしたものは食べません。ただ魚の脂は気にせず、むしろ積極的に摂ります。

白米を食べないようにしていた時期もありましたが、動けなかったり疲れやすくなる感覚があったのでコンディションを考えると食べたほうがいいと思いました。量としてもそんなに減らさないですね。直前はトレーニングも激しくなりますので。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ISAO KOBAYASHI(@isao1303)がシェアした投稿


・最後にtheANkoについて感想を。

あんこは昔から好きでしたので、theANkoはものすごく美味しいなとびっくりしました。力の入り具合やバテ具合が違う気がするので、練習前に飲むことが多いです。もたれたりしないので消化もいい感じがします。
以前は練習前は食べないことも多かったのですが、疲労感がひどかったのでなるべくなにか食べるようにしています。固形物だと消化が悪くて、練習中に気分が悪くなったりすることもあったので、消化の良いtheANkoは本当に便利です。

ひとつひとつの質問に言葉を選んで丁寧に答えてくださったISAOさんの好青年ぶりは周囲でも評判で、おじさんたちがよってたかって世話を焼きたがるという不思議な魅力をお持ちです。この穏やかな人がリングの上では荒武者になるというのが総合格闘技。興味を持った方はぜひISAOさんの試合を観に行ってみてください。