カテゴリー
theanko

バレンタインにもthe ANko(送料改定)

こんにちは、築地果汁創作所です。

twitterのTLに「彼にあげるのにどこのチョコがいいですか!?」的なツイートがたくさん流れてくる季節になりました。

バレンタイン、あなたは誰に何をプレゼントしますか?

えーと私なら。。。

もう何が言いたいかお分かりですね。

「バレンタインにあんこ、どうでしょう。」

築地果汁創作所の飲むあんこ,空也

前にも言いましたが、男性は結構あんこ好き多いです。(キリッ)

意外性があるから、ライバルに差をつけて自分を印象付けるにもぴったり!(女性誌の恋愛特集に書いてありそう)

本命には12パックセットでどーんとプレゼントしちゃってもいいですね。

先日送料とパッケージを改定したので、12パックまでのものは以前よりお安くなりました。

築地果汁創作所の飲むあんこ,空也

こんな感じの箱で届きます。
中はこうなってます。

築地果汁創作所の飲むあんこ,空也

現在オープン記念、10個以上で500円引きのキャンペーン価格。
12個ご注文いただくと、お品代は3,700円、送料は891円で、合計4,591円になります。

義理のあるみなさんへ1パックずつお渡しいただいても大変喜ばれるかと。

友チョコならぬ友あんこ、絶対褒められるのでお試しください。

30個以上だと1,750円お安くなりますので、ご自分の分もこの機会にぜひ。

築地果汁創作所の飲むあんこ,空也30個までの大箱はこちらです。

the ANkoネットストアはこちら

カテゴリー
theanko アスリート インタビュー

山岸秀匡さんインタビュー「パワーと筋肉が欲しかったら炭水化物を怖がるな」

数々の輝かしい実績を誇るボディビル界のトップアスリート、山岸秀匡さん。アメリカに拠点を移してすでに10年以上になるが、意外にも「あんこ」は今でも山岸さんにとってなくてはならない重要な食材なのだそう。山岸さんとあんことの関係、体づくりの秘密を聞きにロサンゼルスの山岸さんを訪ねてきた。

山岸秀匡:日本人で初のIFBBプロ・ボディビルダー。愛称はBIG HIDE、身長168㎝。2006年からミロス・シャシブ氏に師事。
2016年 アーノルド・シュワルツェネッガーが主催する「IFBBアーノルド・クラシック212」に日本人で初めて優勝。
2007年よりプロ・ボディビル界の最高峰の大会とされる「ミスターオリンピア」に通算9回出場し、2015年3位、2019年に8位入賞。2020年の大会にも10回目の出場が決定している。名実ともに、日本のみならず世界のボディビル界で長年トップを走り続けるアスリートである。Instagram(@hideyamagishi) / YouTube(Hidetada Yamagishi) /facebook(Hidetada Yamagishi IFBB Pro) /twitter(@HideYamagishi)

炭水化物を怖がるな
—トレーニング前・中・後が吸収が早い

「トレーニング中に炭水化物を摂取する」ことは私とミロス(*)が提唱しているメソッドです。炭水化物が大事なのは誰でも知っていることだと思っていたのですが「砂糖をとると太るんじゃないか」と恐れる人がいまだに多いのも事実。

*ミロス・シャシブ:IFBBプロボディビルダーとして活躍後数々の有名選手を育て上げた世界的トレーナー。山岸は2006年からミロスに師事している。

パワーと筋肉をつけようとする選手はそれを恐れていたら発達はないよ。トレーニングの前・中・後というのは一番吸収が早いときなんだから。そこで問題になるのは「どんな糖分をとるか」だね。

カーボパウダーとかクラスターデキストリンとか市販されているものは色々ありますが、人工的に糖分を入れただけのものだと、ある程度以上食べると僕の場合は下痢をしてしまう。いかに吸収のいい炭水化物をとるかにずっと腐心していたので、”あんこ”という方法を見つけたときは「これはいい!」と思いましたね

あんこをメソッドに取り入れる
—かさが少なく吸収も早い

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Olympia 2019 #unleashthedragonwithin #thewayofsamurai #bushido @profitnessphotos @npcnewsonlineofficialpage

Hidetada Yamagishi(@hideyamagishi)がシェアした投稿 –

あんこを食べ始めたきっかけはコンテストの前のカーボローディング(*)からです。

*カーボローディング:脂肪よりも素早く運動エネルギーに変わるグリコーゲンを平常時よりも多く体に貯蔵するための運動量の調節および栄養摂取法のこと。競技日の数日前に炭水化物を大量に摂取することでグリコーゲンを最大限体に貯蔵して高いパフォーマンス得る方法が一般的。

3~4日間炭水化物をゼロに近いくらいカットした後、コンテストの2,3日前から炭水化物を大量にとって筋肉を張らせる調整法(パンプアップ)があります。

いくつかの食材を試した中であんこが一番体に合っていた。炭水化物も尋常じゃない量を食べないといけないので、ご飯だとかさが多くて食べきれない。 

あんこならかさが少ないから食べられるし、体への吸収も良いことがわかりました。実は、経験を重ねてこういうことがわかったのは、ほんの2、3年前のことです。

どのくらいの量のあんこに何グラム糖分が入っているか知りたかったから、自分で量って作ろうとしたんだけど、失敗しちゃってうまくいかなかった。結局日系のスーパーに売っているあんこを買って食べていました。そうすると業務用みたいなでっかい容器のあんこしか売っていないんだよね。そんなにいっぺんにたくさん食べられるもんじゃないから結局全部食べられなくて無駄にしちゃった。
「the ANko」みたいに食べきりサイズだと便利ですよね。

トレーニングとインスリン
—トレーニング中から筋肉を増やす

血糖値が高くなることによって体がインスリンを出しますよね。インスリンが出ててるときというのは、体がアナボリック(*)、つまり栄養素を細胞に取り入れようとしている状態になっているということ。

*アナボリック:この場合、筋肉など身体の組織が新しく合成されることを指す。ドーピング薬剤として知られる「アナボリックステロイド」は外界より摂取した物質から蛋白質を作り出す作用、すなわち蛋白同化作用を有するステロイドホルモンの総称である。

ミロスの考え方は「トレーニング中にアナボリックな状態にして筋肉を増やす」というものなんです。

これまでは、「トレーニング中は筋肉を壊す→トレーニング後にインスリンを上げて回復する」というものでしたが、ミロスの理論は「トレーニング中から筋肉を増やす」なんです。

なので僕は「トレーニング中にインスリンを刺激して血糖値を上げる→動いている筋肉に栄養を取り込ませる」という方法をとっています。

そういう自分の経験があるから、「the ANko」のような形であんこがスポーツの現場で取りやすくなったっていうのは、これは革新的な商品なんじゃないかな。あんこは歴史のある食べ物だけれども、この形にしてスポーツ中に摂れるようになったというだけでも十分革新的だよね。

炭水化物と上手に付き合う
—持久力への影響

「the ANko」の炭水化物量が50gくらいっていうのはちょうどいいですね。その人それぞれの体重にもよるけれども、自分もだいたい50gくらいからカーボローディングを進めている。

トレーニングの前・中・後で50gずつ摂ればいいんじゃないかな。トレーニング中は時間をかけて少しずつ食べるんだけれども、この形だとそれもしやすいから。

僕は基本的にプロテインはあんまり飲まないんです。必要な栄養素は食べ物で摂るから。ただトレーニングの前や最中はドリンクじゃないと難しい。食べた直後からトレーニングできないからね。
トレーニングの後も、固体を食べるよりは液体のほうが吸収が早いから、その意味でも「the ANko」はいいと思うよ。

30分以上競技時間があるような持久系のスポーツはどんどん血糖値が低くなっちゃう。そうするとパフォーマンスが落ちるので、競技中にうまくこういう栄養補給を取り入れていくべきだ。何より持久力に影響するから。

The ANkoの広がる可能性
—単純に美味しいから海外でもウケると思うよ

あんこというのは日本独特の食品だと思うんだけど、コンテストのバックステージで羊羹とか食べていると意外に他の選手から興味を持たれますね。「何食べてるんだ」って言うからおすそ分けするとこれが結構評判いい。「チョコレートの日本版だね」って。

日本伝統のあんこがこういう取りやすい形になったことで、バックステージでみんなが「the ANko」を摂るっていう時代が来るんじゃないかな。

コンテストの前には塩分をコントロールする必要もあるんです。塩分が必要な人もいるし絶対とりたくないという人もいる。足りなければ自分で足せばいいので、「the ANko」のように塩分がゼロだとコントロールできるからありがたい。

ー聞き手:「つぶあんだと歯に付くからコンテスト直前だと気になる」って人もいたんですけど

口をゆすげば良いじゃないか?(笑)
あんこだからもちにも合うよね。もち自体もかさが少ない炭水化物でカーボローディングにはよく使ってますよ。

ー聞き手:the ANkoを開発した空也の山口さんは実はこういう商品を作って海外進出したいと10年も考えていたんです。だけど海外の人たちには「あんこ」が受け入れがたいという壁があってずっと実現できなかった。海外には甘く味付けした豆はないですから。
でもスポーツをやっている人たちなら、パフォーマンスのためだったら食べてくれるんじゃないかと思ったんです。アスリートなら壁を壊してくれるんじゃないかと。

あんこが豆っていう認識は正直なかった、そういえば豆だね(笑) 海外でもあんこはみんな知ってるよ。アズキビーンズって言いますから。だけどみんな「あんこ=豆」っていう印象はないと思う。寿司屋に行ったらデザートであんこがあるので、そんなに奇異に感じるものではないはずです。

アメリカ人もこのままカーボドリンクとして飲むことに抵抗はないんじゃないかな。持久系スポーツ、たとえばサイクリングとかマラソン。登山も。でもスポーツに関係なく、美味しいからウケると思うよ。
アメリカはパックに入ったドリンクをあんまり見ない。単純に、お菓子として人気が出るんじゃないかと思います。

貴重な体験談やメソッドを惜しげも無く披露してくださった山岸選手。ボディビルは日々の生活も競技の延長となる過酷なスポーツですが、絶え間ない節制と努力を当たり前のことのように淡々と語ってくれた姿が印象的でした。

the ANko ネットストアはこちら

カテゴリー
メディア

J-WAVE「GOLD RUSH」でthe ANkoが紹介されました

こんにちは、築地果汁創作所です。

築地果汁創作所の飲むあんこ,空也

先週の金曜、1月24日(金)にJ-WAVEで放送された、渡部健さんがナビゲーターの番組「GOLD RUSH」内コーナーで、「the ANko」をご紹介いただきました!!!

うれしい!うれしい!どうもありがとうございます!!

番組内の「GIRL’S INFO COUNTER」というコーナーで、日本スイーツ協会認定のスイーツコンシェルジュの資格を持つ
スイーツ大好き芸人、スイーツなかの さんが、「今、都内で食べるべきオススメ、スイーツベスト5」と題して名だたるスイーツを挙げておられた中に、なんと

the ANKO 堂々第4位ランクイン

ちなみにですが、第5位が、かのピエール・マルコリーニ様で。
恐れ多くて仕方ないんですが、素直に喜びましょう。

スイーツなかのさんは、あんこがアスリートに注目されていることもちゃんとご存知で、オリンピックとからめての解説をしていただきました。さすがです。

どんな番組か聞いてみたかったなぁという方は「radiko」のタイムフリー放送をどうぞ。
radiko→番組表→J-WAVEを選択→上の方に日にちを選ぶプルダウンメニューがあるのでそこから1/24(金)を選んで、「GOLD RUSH(PART2)」を聞いてみてください。
(18:10頃から始まります。)
GOLD RUSH(PART2) | J-WAVE | 2020/01/24/金 | 18:00-20:00

スイーツなかのさんのブログをのぞいてみたら早くも今年のサロンデュショコラの記事が。もうそんな時期なんですね。

そういえば今年はちょっとひねって、チョコの代わりにあんこで愛や感謝を伝えるなんてどうでしょう。
男性は女性が思っている以上に”あんこ好き”、多いですよ。

スポーツをする方へは特に気の利いた贈り物になるはず。
チョコと違って溶けないのでエネルギー補給に便利です。

築地果汁創作所の飲むあんこ,空也

the ANko はネットストアのほか築地果汁創作所の店舗でも販売しています。

カテゴリー
レシピ

the ANkoでthe おしるこ

こんにちは、築地果汁創作所です。

発売前にあれだけネガティブなブログを投稿し、不安な気持ちをそのまま正直に吐露しまくったにもかかわらず、発売してみれば大変好調。

ご購入いただいたみなさま、見ず知らずの私たちのthe ANkoを買っていただき、心から感謝します。
ありがとうございました。

今から思えば別にあんなにネガティブになることはなかったなーと思うくらいthe ANkoは美味しいんですが、まずはなにより知っていただくことが必要です。

これから様々な形で露出をしていきますので、どこかで見かけたら「ああ、あのあんこか」と思っていただければ幸いです。

話は変わりますが、毎日寒いですね。

「今朝はヨーグルトじゃないんだ・・・何かあたたかい、あたたかいものを・・・私にッ・・・」
と着替えるときすでに力が入ってしまうくらい。

築地果汁創作所の飲むあんこ,空也

でまあ、私だったらって話ですけど、こういうものを用意します。
今朝はつぶあんな気分。

築地果汁創作所の飲むあんこ,空也
築地果汁創作所の飲むあんこ,空也

ひとパック分ひねりだして、お湯をお好みの量そそぎます。
私が何回か試してのベストは150ccです。
寒天や水飴が入っていない柔らかいあんこなので、すぐに溶けます。

このままでもいけますが、私ならこう。

築地果汁創作所の飲むあんこ,空也

お正月のお餅が残っていたらぜひそれを。
ものっすごく簡単にしあわせになれます。

私が市販のあんこを食べてよく思うのは、

・甘さがキーンときすぎ問題
・小豆の渋みを抜かなすぎ問題

の2つです。

その点the ANkoは、空也の山口さんが
「甘さはここまで!」
「渋抜きはここまで!」
と自信を持って決めたきわっきわのところを突いているので、甘さも渋みも足りなくもなく、多すぎもしない。

「プロの塩梅」ってこういうことなんですね。(the ANkoに塩は入っていませんけどね!)

あったかいおしるこで今日も元気に。

あ、寝坊したあなたも、チューブのまま駅のホームでお召し上がりになれます。

the ANko はネットストアのほか築地果汁創作所の店舗でも販売しています。

カテゴリー
theanko

はじめまして。築地果汁製作所です。〜the ANko story〜

わたしたち築地果汁製作所では、コールドプレスジュースやスムージーを提供しており、築地という名のとおり、築地場外市場の片隅で、ジュース屋として営業しております。
商業施設や駅、イベントなどのポップアップストアにも出店していることもあります。

今回、築地果汁製作所から「the ANko」という名前の”飲むあんこ”を発売することになりました。

「the ANko」という商品名を聞いて、「えっどんな商品なの?詳しく聞かせて!」と思った方はいないと思います。
わたしたち築地果汁製作所は消費者の方々がそんなに親切ではないことを知っています。

世の中のビジネスマンたちは、自社の製品をどう知ってもらうか?どう興味をもってもらうか?について様々な手段で尽力しているのです。
築地果汁製作所も「the ANko」を売り出すにあたり、当然のごとく、消費者の方々へのアプローチ考えました。instagram・twitter・facebookの主要SNSはもちろんBlogやnote、YouTube、インフルエンサーの方々など。

「良いものは営業などしなくても売れる! 小手先の手段などは邪道だ。」

といった意見もあると思います。
しかしそれもひとつの真実です。

実はこの業界には”いいもの”は溢れているんです。
なんといっても、あんこなのですから。
先人の知恵と経験の蓄積である技術の粋を尽くして製品化されているもの。
伝統と歴史にものを言わせた格式のあるお店。
昨日今日作り始めた築地果汁製作所が「どこよりも美味しいあんこです」なんて言い始めたら、恥ずかしさのあまりに、
穴があったら入りたくなってしまいます。
それでは効能や効果を売りにしていくのか。
「the ANko」のコンセプトは「スポーツのおともに」ということから開発されました。
エナジードリンク、サプリメントやスポーツドリンクには、ビタミンやミネラルそして調整剤をはじめ〜ゲンとか〜シンと呼ばれたりする成分がいろいろと入っていますね。

「the ANko」としては、余計なものは入れたくなかったんです。
そこは築地果汁製作所のスタッフ全員が「ちがうんじゃないか」って考えていました。(後日、また理由などは詳しく書いてみます)

ですから、「the Anko」に入っているのは「小豆・砂糖」のみ。シンプルなあんこなんです!
驚かないで下さい。やればできるんです!
あんこの原料となる小豆に豊富な栄養成分が含まれていることは、今更言うまでもなく、知られていることと思います。
「the ANko」があんこである以上は、スポーツに優れた効能はたくさんあることは間違いないのですが、それは「the ANko」が偉いのではなく、小豆が偉いわけです。

さて、それでは価格勝負といきますか。

人の口に入れるものですから、やはり、安心して口に入れられるよう、安全で美味しいものを作りたいという思いもあります。
しかしながら、原料にはコストもかかってきます。
そして、多くの優秀なスタッフにも協力してもらわなければなりません。
安いから買ってもらうと言う動機自体があまり嬉しくもないですよね。

本当に困りました…

パウチやお手軽な缶など、多くの商品が世に出ています。
美味しいあんこを作る技術も既にとっくの昔に完成している。
そんな世界でわざわざ築地果汁製作所が作ったものを買って、食べてくださいとお願いできる理由があるのでしょうか。

社内の会議室で意見交換をする内容を、こういった形で皆さんにわざわざお伝えるするというのも、違うのかもしれないかと考えましたが、様々な思いや考えの結果、「the ANko」が完成したというのを理解して欲しくて…

こんなのあると良いね
欲しかった
という方たちが実際にはたくさんいます

そのことに気づいた築地果汁製作所が不器用ながらも、様々なプロフェッショナル、そして本当の超一流の人たちの力をお借りして作り上げたのが「the ANko」となります。

知ればきっと食べたくなるあんこエナジードリンク。
そんな「the ANko」ができるまでのストーリーを次回はご紹介します。

the ANko はネットストアのほか築地果汁創作所の店舗でも販売しています。